日本人の9割が知らない英語の常識181


日本人の9割が知らない英語の常識181 (ちくま新書)

著者:キャサリン・A・クラフト …

ちょっとしたことなんでが、そもそもの視点の違いがある意味浮き彫りになっていてわかりやすいです。楽しく読めます。でもこの感覚を身につけないといけないんですよね。(Inobe.Shion)

「english speak」の画像検索結果

内容紹介

“maybe”を「たぶん」の意味で使うと誤解される?!
日本在住30年超の著者だからこそ気づいた、
日本人の「勘違い英語」の実態。

・”travel”と”trip”の違いは何?
・”had better”はアドバイスするときに使わないのがベター
・「クレームをつける」は”claim”じゃない。
・toilet,bathroom,restroom…結局「トイレ」は何て言えばよい?
・「インスタ映え」は英語でどう言うの?

日本語を直訳して変な表現をしていたり、あまり使われない古臭い表現を多用していたり、
全然通じないカタカナ語を使っていたり、日本人の英語は勘違いだらけ!
長年日本人の英語に接してきた著者が、日本では意外と知られていない英語の常識を伝授します。
10万部突破のベストセラー『日本人の9割が間違える英語表現100』待望のシリーズ第2弾。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、日本人の9割が知らないと思われる「英語の常識」について考察したものです。現代日本には英語があふれていますが、英語のネイティブ・スピーカーなら誰でも知っているのに、日本人にはほとんど知られていない「常識」もまた数多く存在します。知っていると役に立つ、嬉しくなる知識が満載!

181の文例について、「日本人の英語」「ネイティブの英語」というふうに比較して、目の付け所や発想の違いが解説されています。

非常におもしろく、なるほどと読み進められるのですが、実際はそれだけでなくこれを自分の血や肉としないといけませんから、そう意味でも手元に置いておいて、パラパラとちょっとした空き時間にみるようにするといいタイプの本です。

またこの前著に同じちくま新書から下記が出ています。こちらも10万部を超えるベストセラーのようです。

ライザップイングリッシュ

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

(気に入ったら投票をお願いします!)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください