ダニングクルーガー効果

AI生成によると・・・

ダニングクルーガー効果とは、能力の低い人や経験の浅い人が、自分の能力を正しく認識できず、自分を過大評価してしまうことです。心理現象である「認知バイアス」のひとつで、誰もが陥る可能性があります。
ダニングクルーガー効果は、1999年アメリカのコーネル大学のデイヴィッド・ダニングとジャスティン・クルーガーによって提唱された仮説です。米心理学者による大学生を対象とした実験で、テスト成績と自己評価が、低成績の学生ほど自己評価が高く、高成績の学生ほど自己評価が低いという結果から提唱されました。
ダニングクルーガー効果は、先入観や思い込みなど、根拠のない自信は周囲の誤解を招く恐れがあります。また、周囲の評価と自己評価とのギャップは、ときに業務へ支障を及ぼす可能性もあるでしょう。

とのことです。

 

続きを読む ダニングクルーガー効果

確定拠出年金の運用、債券関連どう見る?

確定拠出年金には主に、
・海外・国内の株式市場のファンド
・海外・国内の債券市場のファンド
・MRF的なもの
と5つの枠でそれぞれリスク・リターンの度合いに応じてセットされていると思いますが、債券市場のファンドの動きを見るにあたって、これまたBardに聞いてみたので、メモしておきます。

続きを読む 確定拠出年金の運用、債券関連どう見る?

ペトロダラー体制を発端に、生成AIについて思うこと

ペトロダラー体制とは、

ペトロダラー体制とは、石油をドル建てで取引する体制です。ペトロダラーは、英語の「石油(petroleum)」と「アメリカ合衆国ドル(dollar)」を組み合わせた言葉で、日本では「オイルマネー」とも呼ばれます。

ということなのですが、、、、

続きを読む ペトロダラー体制を発端に、生成AIについて思うこと

認知心理学者が教える最適の学習法

認知心理学者が教える最適の学習法

ヤナ・ワインスタインほか (著)

科学的エビデンスに基づいた「学習法」の決定版。認知心理学者の研究・実験を用いて導き出した「学習法」の最適解を多数のイラストで紹介。6つの学習方法など具体例や多数のイラストや図版を用いて、わかりやすく解説する。学生、教師、保護者、制作立案者など教育関係者に、エビデンスに基づいた効果的な学習方法を提案する1冊。

続きを読む 認知心理学者が教える最適の学習法

[新版]人材を逃さない見抜く面接質問50

[新版]人材を逃さない見抜く面接質問50 単行本

著者:キャロル・マーティン (著), 岡村 桂 (翻訳)

伸びる人・伸びない人を見分けるキラークエスチョン多数収録!
面接官から根強い人気の一冊が新装改訂版となって登場

採用面接を担当したことのある方なら、
「どんな質問をすれば、本当に優秀な人材がわかるのだろう?」という、
切実な疑問を抱かれたことがあるはずです。

たとえば……
ありがちな質問をすると、相手は用意してきた答えを立て板に水で話します。
かといって、ちょっとひねった質問をすると、
相手は緊張した様子で、あたりさわりのないことしか答えません。

面接を終えて応募者を評価する段階になると、
果たして求める人材なのかどうか、確信が持てないというのが
多くの面接担当者の実情ではないでしょうか。

採用後、相手が使える人材であればよいのですが、
「採用ミスだった……」とがっかりするケースも少なくないでしょう。
それでは採用にかけた費用が無駄になってしまいます。

本書は、そのような失敗を防ぐのに役立ちます。
第一部では、応募者から本音を引き出し能力を判断できる、的確な質問とは?
第二部では、応募者から返ってくる答えから、相手の本質をどう見抜くか?
を、具体的な例とともに解説。
ここに挙げられた質問は、そのまますぐに面接で使えます。
非常に実践的な、採用面接の質問マニュアルなのです。

したがって、この本は面接担当者だけでなく、
面接を受ける側の人にとっても必携書となります。
「応募者が用意した答えの奥にあるものを見抜くために、面接担当者はどんな質問をしてくるか、
それにどう答えればいいか」を教えてくれるわけですから、
世の「面接応答マニュアル」の一段上、「奥の奥」まで行き届いた一冊なのです。

ということで、面接をする方、あるいは逆の目線で面接をされる方は面接者はどういったことを見ているのだろうか?という観点で読まれるとよいと思います。

 

続きを読む [新版]人材を逃さない見抜く面接質問50

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

著者:蔭山克秀

ビジネスマン 必須の教養が 一気につかめる! 忙しい人でもラクラク読破

『国富論』(アダム・スミス)、『資本論』(マルクス)、『隷従への道』(ハイエク)、『雇用・利子および貨幣の一般理論』(ケインズ)などの古典名著から、『クルーグマン教授の経済入門』(クルーグマン)、『21世紀の資本』(ピケティ)といった現代のベストセラーまで、ビジネスエリート必須の教養を、まるごとつかめる!

【本書で紹介する「名著」の例】
『国富論』スミス『経済学および課税の原理』リカード/『雇用・利子および貨幣の一般理論』ケインズ/『経済学』サミュエルソン/『隷従への道』ハイエク/『経済発展の理論』シュンペーター/『資本主義と自由』フリードマン/『クルーグマン教授の経済入門』クルーグマン/『入門経済学』スティグリッツ/『企業とは何か』ドラッカー/『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』ウェーバー/『資本論』マルクス/『21世紀の資本』ピケティ/『大転換』ポランニー/『ムハマド・ユヌス自伝』ユヌス/『貧困の克服』セン/『大脱出』ディートン/『隷属なき道』ブレグマン/

amazonのレヴューにもあるんですが、賛否両論って感じでしょうか・・・・。

続きを読む 経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

ハーバード・ビジネス・レビュー 2023年11月号

ChatGPTが出現してから、すっかりDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー のほうもAIの特集が多くなりました。

今回も「AIリスクにどう対処するか」となっています。
5つのテーマで書かれています。

続きを読む ハーバード・ビジネス・レビュー 2023年11月号

自分で自分を裏切ってる・・・

目指したいん自分があるのにそれに向かう努力をしない・・・ついさぼってしまうというのは自分で自分を裏切っているということなんだ。

「努力は裏切らない」っていうけど、逆にそれをしないってことは自分で自分を裏切っているということなんだ。

がんばらなきゃ。

Adventure and Innovation! Amazing Quest!