2050年にはCO2排出量を実質ゼロにできる

WWF(世界自然保護基金)の報告書に書かれた、脱炭素へのシナリオとは?

そんな記事がありましたので、読んでいきましょう。

いわゆる「カーボン・ニュートラル」というところの話です。

今読んでいる本にも書いていましたが、最悪のシナリオを「予測」することで、それを回避するための予測で当てようとしているわけではないものもあると。

その逆の発想かもしれませんが、大胆な計画を立ててそれが実行されればよい未来が待っているという「予測」を出すことでそれに向かわせようという「予測」もあり、これまた当てようとしているわけではなく一つの方向性の提示というようなものなのでしょう。

詳細記事はこちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください