分かりやすい行動経済学

すごくわかりやすく行動経済学の理論をまとめてくれていました。

カテゴリー 理論
①限られた情報で短絡的に判断してしまう 1.一部の目立つ情報だけで、短絡的に判断する バンドワゴン効果
ハロー効果
希少性の法則
ジンクピリチオン効果
2.情報の「与えられ方」だけで、短絡的に判断する ザイアンス効果
ウィンザー効果
返報性の原理
3.元々の「自分の考え方」が働き、短絡的に判断する 確証バイアス
一貫性の法則
ヴェブレン効果
②「先よりも今」「得よりも損」を過大に評価してしまう 1.最大効用でなくても、目先の利益を優先する 現在思考バイアス
現状維持バイアス
2.得られるものよりも、損失やリスクを過大に評価する 損失回避性
保有効果
③何を基準にするかで、評価や判断の内容が変わってしまう 1.基準からの距離そのものが、判断に影響を与える 参照点依存性
感応度逓減性
2.最初に与えられた情報が、判断に影響を与える アンカリング効果
プライミング効果
3.過去の自分の行動が、判断に影響を与える サンクコスト効果
エンダウド・プログレス効果
④見せ方や並べ方を変えるだけで、判断が変わってしまう 1.表現の角度を変えるだけで、印象が変わる ポジネガフレーミング
強調フレーミング
単位フレーミング
2.選択肢の提示方法によって、判断が変わる 決定回避の法則
極端回避性
おとり効果
デフォルト効果

こちらをもとに作成しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください