「雑談」カテゴリーアーカイブ

オッカムの剃刀

オッカムの剃刀(オッカムのかみそり、英: Occam’s razor、Ockham’s razor)とは、「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」とする指針。もともとスコラ哲学にあり、14世紀の哲学者・神学者のオッカムが多用したことで有名になった。様々なバリエーションがあるが、20世紀にはその妥当性を巡って科学界で議論が生じた。「剃刀」という言葉は、説明に不要な存在を切り落とすことを比喩しており、そのためオッカムの剃刀は思考節約の原理や思考節約の法則、思考経済の法則とも呼ばれる。またケチの原理と呼ばれることもある。

これは僕の学んでいる「データマイニング」でも出てきます。あらゆることに通じる考え方だと思います。

ご参考まで・・・・また、更に詳しくは、こちらまで。

(気に入ったら投票をお願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

パスカルの賭け

あるテレビでこの「パスカルの賭け」を超シンプルにして、
「パスカルも言っている。神がいたとしても、いなかったとしても・・・・いると思っていた方が素敵」というようなことを言ってまして・・・・

へぇ・・・って思って、調べてみたのですが、これが深い・・・。
驚きました。

とともに、まだまだ知らないことが多すぎるということを改めて知って、自己嫌悪です。

詳しくは・・・・こちら

(気に入ったら投票をお願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

重大な不正行為(FFP )

現在、僕は大学院後期課程で研究をしていますが、今年から「研究公正」という必修科目が入りました。

その中の重要用語として、FFPがあります。FFPとは何かというと、下記の3つの重大な不正行為の頭文字をとったものになります。

・捏造(Fabrication)
・改竄(Falsification)
・盗用(Plagiarism)

Continue reading “重大な不正行為(FFP )” »

シンギュラリティ

シンギュラリティとは、技術的特異点とも言われ、Wikipediaによると下記のように説明されています。

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、シンギュラリティ(Singularity)とは、人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事とされ、テクノロジーが急速に変化し、それにより甚大な影響がもたらされ、人間の生活が後戻りできないほどに変容してしまうとする未来予測のこと。未来研究においては、正確かつ信頼できる、人類の技術開発の歴史から推測され得る未来モデルの限界点と位置づけられている。

Googleトレンドによると、日々伸びてきておりますので、チェックしておいてください。

 

SERVQUAL

先日、サービスを勉強していると言っていた人と話をしていたのですが、その際にこの言葉が出てこなかったので、復習です。

【SERVQUAL】 (exBuzzWordによると下記の通りです。)
SERVQUALとは、サービス(Service)と品質(Quality)を組み合わせた造語で、サービスの品質測定尺度。Parasuraman,Zeithaml,Berryによって提示された。

SERVQUALは、顧客がサービスをどう感じるかという視点から、サービスの品質評価を行う考え方で、具体的には、以下の5つの次元に基づいた測定が行われる。
1)信頼性:約束されたサービスを確実に提供すること
2)反応性:顧客に対するサービス提供の迅速性
3)確実性:従業員のしっかりした知識と対応態度
4)有形性:設備や従業員の見た目
5)共感性:顧客とのコミュニケーション

とのことです。その他、詳しい情報はネットでもいろいろ探せましたので、気になる方は、知識を深めておいてください。また面白い話がありましたら、遠慮なく、コメントいただけたらと思います。

以上、よろしくお願いいたします。

(気に入ったら投票をお願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アドミッション・ポリシーの継続性

大学の生き残り・・・どこも厳しい競争環境で学生を奪い合っています。
それぞれの大学では、どのように学生を社会に貢献できる人材に育成するか、といったことのコミットメントともいえるアドミッション・ポリシーを掲げています。

そして、それに基づいて、カリキュラム・ポリシーやディプロマ・ポリシーがあるわけですが、これらが継続的に守られているか、より良いものになっているか、ブラッシュアップをきちんとしているのでしょうか。

身分が保障されている教授たち、経営者でなく教員・研究者としての彼ら。特に国立や公立の場合、学生集めとそのポリシー実現にむけて、もっと必死にならないと優秀な学生が集まらなくなっていきそうな気がしています。

 

学士課程教育の現状と課題

現行の大学のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)に関する資料

 

(気に入ったら投票をお願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

やることが多すぎる・・・何からすればいいのだろう。

やらないといけないことが多すぎて、ホントに何からすればいいのだろう・・・という状態です。

【学生】
●修士論文の締め切り(最終稿)
●論文発表会の予稿

【会社】
●2016年の目標(再考)
●各種、上長からの課題(山のようにある)

【起業準備】
●数年後に向けての起業準備
→これがまったくできていない・・・。
こうやって、人は一生を終えていくのでは・・・と思ってしまうぐらい
自分にとっては、重要度MAXなんですができておらず・・・。

うまくストレスためないように、こんなふうにブログを書いたりして吐き出しているのですが・・・。

何かいい方法があれば教えてください。

(気に入ったら投票をお願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村