循環型経済「サーキュラーエコノミー」


循環型経済「サーキュラーエコノミー」ってご存知でしょうか?
経済規模は2030年までに4.5兆ドルに上ると言われているようです。

さて、循環型経済「サーキュラーエコノミー」とはどんなことを言うのでしょうか?

サーキュラーエコノミーとは、従来廃棄されていたもの、活用されていなかったものを「資源」と捉え、リサイクルシステムをビジネスに取り入れることで、環境にも経済にも持続可能性を持たせる新しい経済活動とのことです。

サーキュラーエコノミーのビジネスモデルは、アクセンチュアの分類によると以下5つの種類があると定義されているようです。(参照「サーキュラーエコノミー デジタル時代の成長戦略」 日本経済新聞出版社)。

1. サーキュラー型のサプライチェーン(再生可能な原料を使用)
2. 回収とリサイクル(廃棄前提だったものを再利用)
3. 製品寿命の延長(修理、アップグレード、再販売)
4. シェアリングプラットフォーム(保有しているものを貸して収入を得る)
5. サービスとしての製品(顧客は所有せずに、利用に応じて支払う)

詳しくは、こちらをざっとご覧になられるといいでしょう。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください