「ちょっとした気づき」カテゴリーアーカイブ

「組織は戦略に従う」 or 「戦略は組織に従う」

かつて、チャンドラーは「組織は戦略に従う」と言いました。また、アンゾフは「戦略は組織に従う」と言いました。それぞれが補完しあいながらという前提ではありますが、自分なりの意見はこうです。

 

Continue reading “「組織は戦略に従う」 or 「戦略は組織に従う」” »

JOBSメソッド

先日、“破壊的イノベーションが「起きない理由」”をご紹介しましたが、そのなかで語られていた「JOBSメソッド」、この言葉は今年から来年にかけて出てくる言葉かと思います。洋書のほうもクリステンセン教授の弟子の方だと思いますが、発刊されます。日本語訳もきっとすぐに出るでしょう。その前に読んでみて、ここで紹介できるといいのですが・・・・。

Continue reading “JOBSメソッド” »

刹那 क्षण kśaṇa

何気に「刹那」って使ってますが、こんな深い意味があったとは・・・驚きでした。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説によると・・・

仏教における最小の時間単位。サンスクリット語クシャナkaaの音訳。『大毘婆沙論(だいびばしゃろん)』巻136の譬喩(ひゆ)的説明によると、「2人の成人男子が何本ものカーシー産絹糸をつかんで引っ張り、もう1人の成人男子が中国産の剛刀でもって一気にこれを切断するとき、1本の切断につき64刹那が経過する」と述べられている。2人の男がかりに5000本の絹糸をつかんだとすると、剛刀による一瞬の切断で5000×64刹那の時間が経過するから、1刹那の短さが想像されよう。『大毘婆沙論』同所の科学的説明によると、1昼夜=30須臾(しゅゆ)、1須臾=30臘縛(ろうばく)、1臘縛=60怛刹那(たんせつな)、1怛刹那=120刹那である。1昼夜を24時間として計算すると、1刹那は75分の1秒になる。仏教哲学では「刹那」は、物質的、精神的、なかんずく精神的な現象の瞬間的生滅を説明するときに使われる。なお、今日の「刹那主義」ということばの概念は仏教のものではない。[定方 晟]

 

デジタル大辞泉の解説によると・・・

《〈梵〉kṣaṇaの音写》
1 仏語。時間の最小単位。1回指を弾く間に60あるいは65の刹那があるとされる。
2 きわめて短い時間。瞬間。「刹那の快楽に酔う」「衝突した刹那に気を失う」「刹那的な生き方」

仏教用語だったとは全く知らずに気軽に使っていました。語源を知ると、使うときにその語源も意識しながら話すことになりますが、その思いまでもうまく伝えられるようになれば、言葉自体が生き物なってくるような気がしますね。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

白銀比(はくぎんひ、silver ratio / silver mean)

黄金比は知ってましたが、白銀比というのをこちらの番組で知りました。

 

白銀比(はくぎんひ、silver ratio / silver mean)とは数学定数であり、無理のひとつである。

二次方程式x2 -2x -1= 0の正の

1+{\sqrt 2}=2.414\dots \approx 12/5

白銀数 (silver number)と呼び、しばしばギリシア文字τ(タウ)で表される[1]。このとき1:(τ-1)の比を白銀比という。すなわち、

1:{\sqrt {2}}=1:1.414\dots \approx 7/5

ふたつの量 a, bab より小さいとする)の比が白銀数であるということは、b – 2aa との比が ab との比と等しいということを示している。

白銀比は、A4とか、B5とかのサイズもそうなのだそうです。
まだまだ知らないこと、世の中にいっぱいです。

「黄金 ・ 白銀 ・ 青銅 - 数 と比 と形 と率 と-」という論文がございました。少し専門的ですが、興味が尽きることはありません。ある種、神秘の世界です。

 

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

合理的なメカニズムは、美しくなければならない。美しい機械は性能も素晴らしい。

これは島秀雄さんの言葉です。
島さんはD51と0系新幹線を設計したエンジニアです。

美の巨人たち」でその言葉を知りました。

私が研究しているデータマイニングもそうでしょうし、ある種企業の組織デザインなどもそうかもしれないなぁと思いました。あらゆるものはそうなのかもしれません。

明日のため 伝統と革新の二兎を追う

これは、9/15放送のカンブリア宮殿で福寿園の福井正憲会長がおっしゃっていた言葉です。

ある意味究極のリスク管理だと思いますし、『7つの習慣』で書かれている有名な「緊急でないが重要でないこと」と少しニュアンスが違いますが、それを発展させたようなものであるように感じました。

こういうシンプルで分かりやすい方針があると企業はブレないですよね。勉強になりました。

詳しくは、カンブリア宮殿のページをご覧ください。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村