2018年に需要の多いプログラミング言語トップ10は !?


2018年に需要の多いプログラミング言語・・・、「需要の多い」というのは、「雇用主からの需要が最も多かったプログラミング言語」つまり求人情報への掲載を指標として評価されたリストになります。

「プログラム言語」の画像検索結果

これは面白いですね。

さて、どんな順位になっているでしょうか?

1.JAVA 求人情報の30%
2.JavaScript 求人情報の26%
3.HTML 求人情報の18%
4.Python 求人情報の17%
5.C# 求人情報の15%
6.C++ 求人情報の12%
7.XML 求人情報の9%
8.Ruby 求人情報の6%
9.PHP 求人情報の5%
10.Perl 求人情報の4%

という順位のようです。
いやぁ、Pythonきましたね。

私も最近言語から離れているので、また記憶を呼び起こすためにも勉強しないといけませんね。

詳細は、こちらをご覧ください。

 

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください