非常に大事であるのに過小評価されているスキル


勉強にある記事を見つけましたので共有させていただきます。

「アクティブ・リスニング」積極的傾聴という感じだと思うのですが、それについての記事です。いくつか付け加えたいところもありますが、この流れをしっかりと身に付けておきましょう。

「listening」の画像検索結果

何よりも「相手の話をただ“聞く”のではなく、よく“聴く”」ということ。これが今回のテーマです。

まず、話し相手とのベクトル合わせがして、大前提についてのボタンの掛け違いは絶対に取っておかないといけません。

あなたがアクティブリスニングしていることを示すために、ミーティングを始める時は、自分の議題に取り掛かる前に、あなた以外の参加者のミーティングにおけるゴールを確認する。

それらが整っているとしても、下記のこれらのポイントを守りながら、話を進めていかないといけません。

1. 会話を独占しない
2. 話し手に集中し、相手の目を見る
3. まず、話の内容を理解する。判断はそのあと
4. 話を要約し、大事なポイントを広げる
5. 最後にもう一度、繰り返す

会議がドタバタと時間が来て終わってしまって、この最後に書かれている「最後にもう一度、繰り返す」これをきちんとできるかどうかは非常に重要です。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください