人生アドリブ活用術 ―88の「愛言葉」―


人生アドリブ活用術 ―88の「愛言葉」―

著者:杜 けあき …  

タイトルが面白かったので、興味をもって読んでみました。(Inobe.Shion)

「adlib life」の画像検索結果

 

内容紹介

元宝塚雪組トップスター杜けあき。
宝塚時代に感じていたこと、卒業してから今までの人生で考えたこと。
そのつど”アドリブ”を効かせた人生を送ってきた杜けあきだからこそわき出てきた88の「愛言葉」。
元気が出るもの。勇気づけられるもの。時には胸にぐっと突き刺さり、痛いもの。どの言葉も、その時々の私たちそれぞれに響くはず。
愛言葉の他に、元宝塚歌劇団星組トップスター紫苑ゆうさん、気鋭演出家の小林香さん、全米でおなじみヨシダソースのヨシダフーズ代表取締役会長吉田潤喜さんとの特別対談も収録。

内容(「BOOK」データベースより)

疲れたとき、迷ったとき、元気を出したいとき、ここにはきっと、あなたにぴったりの言葉があります。

人生のアドリブ・・・
それはその日その日を、その時その時をただ何も考えず、適当にかわしながら生きるという意味ではありません。人生を舞台とすれば、ひとつの考えや思考思想に、凝り固まることなく、その時起きたことに対して、その時々に応じた言葉を取り入れることで、柔軟な、そして有意義な、その人独自の人生観を創っていくことができるのではないかと・・・。(p.3)

たとえば、ジャズの達人のアドリブ・・・ものすごい訓練とスキルを身につけたうえで、その時の感覚でプレイする。準備をしているものをそのまま出すわけではなく臨機応変に対応する。

気に入った言葉、挙げておきます。

  • こまは廻っているうちは倒れない
  • 壁というものは自分が造っている
  • 誰かのせいだと思った途端に人は不幸になる
  • 出過ぎた杭は打たれない
  • 思いは重い
  • 出来るか出来ないかではなく、やるかやらないかだ!
  • 笑顔に勝る化粧なし
  • 努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る
  • いい言葉をたくさん知っていると、良い友達をたくさん持っているかのように、心豊かになる

刺激を受けました。いい言葉たちです。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください