マーヤーのヴェール

ドラマ『初恋の悪魔』は信じられない視聴率の低空飛行のようですが、そこで出てくるセリフで、「マーヤーのヴェールを剥ぎ取るんだ」と謎のポーズのシーンがありますが、”マーヤのヴェール”とは何ぞや?ということで調べてみました。

マーヤーとは、インドの宗教やインド哲学に現れる概念とのこと。

インド哲学では、シャンカラなどにより、現実世界がマーヤー(幻影)であり、真実の世界を覆い隠しているとされ、ショーペンハウアーも『意志と表象としての世界』にて物自体である意志の単一性・本質を覆い隠している、物自体の客体である表象における数多性(個別化の原理)の説明としてマーヤーを用いている。

(参考:ウィキペディア

ドラマ自体は、いっぱい伏線は張られているのでしょうけど出し惜しみすぎて、なかなかそれが出てこず、視聴者は脱落の一途という感じでしょうか。

おかしな設定が多くて、コントとしてみるべきでしょうね。その「マーヤーのヴェール」の決まり文句が出てくるのは、自宅捜査会議というやつなのですが、その時に準備されている事件現場の模型・・。ものすごくリアルなんですが、いつだれが作ってるねん??とか、非自然なところが多すぎて突っ込みどころ満載なのですが、コントだと思うとそれはそれで興味深いところ。

いずれにしても、何とかしないと打ち切りになりかねないくらいの視聴率の低さのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください