直観を磨く 深く考える七つの技法


直観を磨く 深く考える七つの技法 (講談社現代新書)

著者:田坂広志

内容(「BOOK」データベースより)

あなたは自分の中に「天才」がいることに気がついているか。最先端量子科学が解き明かす天才の秘密。「もう一人の自分」と対話するとき直観と論理が融合した最高の思考力が生まれる。「考えが浅い」「勘が悪い」と言われるのはなぜか?一流のプロフェッショナルだけが知る、思考法・技法を伝授。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田坂/広志
1951年生まれ。74年東京大学卒業。81年同大学院修了。工学博士(原子力工学)。民間企業を経て、87年米国シンクタンク・バテル記念研究所客員研究員。90年日本総合研究所の設立に参画。取締役等を歴任。2000年多摩大学大学院教授に就任。社会起業家論を開講。同年シンクタンク・ソフィアバンクを設立、代表に就任。05年米国ジャパン・ソサエティより、日米イノベーターに選ばれる。08年世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Agenda Councilのメンバーに就任。10年世界賢人会議ブダペスト・クラブの日本代表に就任。11年東日本大震災に伴い内閣官房参与に就任。13年「21世紀の変革リーダー」への成長をめざす場「田坂塾」を開塾。現在、全国から5600名を超える経営者やリーダーが集まっている。著書は90冊余(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

田坂さんの本、初めて読みました。非常に含蓄が深く、また私がずっと思っていたようなことに通じるところを言葉にしてくれていて、読んでいて非常に納得感がありました。

7つの思考法

第1 「循環論理」直線論理だけで考えない

第2 「対立止揚」二項対立構造で考えない

第3 「課題回帰」個別問題だけで考えない

第4 「水平知性」狭い視野の中で考えない

第5 「体験知性」文献知識だけで考えない

第6 「多重人格」自己視点だけで考えない

第7 「自己対話」直感の力を用いて考える

エレベーター不足の問題への「意表を突く」解決策
→エレベータのドアの横に「鏡」を置く(p.59)
「ゼロ・ポイント・フィールド仮説」とは、いかなる仮説か。一言で言えば、「ゼロ・ポイント・フィールド仮説」とは、この宇宙に普遍的に存在する「量子真空」の中に「ゼロ・ポイント・フィールド」と呼ばれる場があり、この場に、この宇宙のすべての出来事の情報が記録されているという仮説である。(pp.164-165) 
この仮説は、この宇宙の出来事のすべての情報が、「ゼロ・ポイント・フィールド」の中に、「波動情報」として記録されているという仮説である。しかも、それは、「波動干渉」を利用した「ホログラム的な構造」で記録されているというのである。・・・従って、もし、量子真空内のゼロ・ポイント・フィールドが、この宇宙に生まれたすべての波動を「波動情報」として記録しているのであれば、この宇宙のすべての出来事を記録しているという仮説は、決して荒唐無稽な理論ではない。(pp.166-167)

「賢明なもう一人の自分」と対話する方法

  1. まず、一度、自分の考えを「文章」に書き出してみる
  2. 心の奥深くの「賢明なもう一人の自分」に「問い」を投げかける
  3. 徹底的に考え抜いた後、一度、その「問い」を忘れる
  4. 意図的に「賢明なもう一人の自分」を追い詰める
  5. ときに「賢明なもう一人の自分」と禅問答をする
  6. 一つの「格言」を、一冊の「本」のように読む
  7. 思索的なエッセイを「視点の転換」に注目して読む

「賢明なもう一人の自分」が現れてくるための7つの身体的技法1.呼吸を整え、深い呼吸を行う
2.音楽の不思議な力を活用する
3.群衆の中の孤独に身を置く
4.自然の浄化力の中に身を浸す
5.思索のためだけに散策をする
6.瞑想が自然に起こるのを待つ
7.全てを託するという心境で祈る

 

例えば、本書の執筆においても、パソコンに向かった後、まず、心を整えて、「大いなる叡智、我が内に流れ入る」と念じながら、深い呼吸を行い、最後に「導きたまえ」と祈ってから、執筆を始める。従って、日常の騒々しい心境で、すぐに執筆に入ることはない。これは、決して怪しげなことを述べているのではない。この「祈念」の技法は、自らの中に眠る思考と思索の力を十全に引き出すための「自己暗示」の技法としても極めて有効であるので、、この「呼吸法」と併せて実践されることを勧めたい。(p.255)

これってアファーメーションですね。大事なことです。つい、何気に作業を開始し始めますが、「やるぞ」としっかり刷り込んでやると効果は変わります。分かっていても習慣づけないと身につきません。

 

【紹介されている本】

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください