戦争は戦術がすべてー世界史を変えた名戦術


カラー図解 戦争は戦術がすべて 世界史を変えた名戦術30 (宝島社新書)

監修:木元寛明 … 

世界史を変えた30の名戦術をピックアップし、「戦いの原則」に基づいて解説しています。(Inobe.Shion)

コンペ 決定 ゲーム グレースケール 手 助けて 白で隔離されている マインドゲーム マインド・ゲーム パフォーマンス 人 計画 遊ぶ 溶液 戦略 力 成功 戦術 タグ ターゲット チーム チームワーク 西洋人 白 白色の背景 屋内ゲーム、スポーツ チェス ゲーム ボードゲーム 黒と白 チェス盤 写真 モノクロ写真 モノクロ 卓球ゲーム レクリエーション

内容紹介

「アウステルリッツの戦い」「ナチス・ドイツの電撃戦」から現代の特殊戦まで、
世界史に名を残す30の戦いを取り上げ、
戦闘のドクトリンと言われている9つの原則がどのように作用したのかを検証します。
9つのドクトリンとは、「目標の確立」「攻勢」「防御」「集中」「節用」「機動」といったもので、
戦争だけでなくビジネスにも通じるメソッドです。
監修者は元陸自の指揮官。戦術のプロが戦争の分岐点を徹底解説します。

内容(「BOOK」データベースより)

「勝者には勝つだけの理由があり、敗者にも負けるだけの理由がある」―米陸軍が採用している「戦いの原則」を、ビジネスパーソン向けにわかりやすく解説する世界史上の名戦術ガイドです。「戦いの9原則」を通して、世界史上の30の事例における勝敗の分岐点を解説。本書で紹介した戦いにおける「成功」の原理・原則を応用することによって、仕事や人生の「勝利」を勝ち取ることができます。

1838年 スイス出身の軍人アンリ・ジェミニ『戦争術概論』
そして、それをイギリス人の陸軍軍人チャールズ・フラーが発展させ、1921年に8項目の戦いの原則としてまとめたそうです。

そしてそのフラーの提唱した原則をアメリが陸軍が進化させ、現在も同陸軍の野外マニュアル『OPERATIONS』に採用されているとのこと。

アメリカ陸軍『OPERATIONS』 フラーの8項目の提言
Objective(目標) Maintenance of the Objective(目標の維持)
Offensive(攻勢) Offensive action(攻勢的行動)
Mass(集中) Concentration(集中)
Economy of force(兵力の節用) Economy of force(兵力の節用)
Maneuver(起動) Mobility(起動)
Unity of command(指揮の統一) ×
Security(警戒) Security(警戒)
Surprise(奇襲) Surprise(奇襲)
Simplicity(簡明) ×
× Co-operation(協同)

 

■状況判断のプロセス

危険見積 ステップ①
任務の受領
師団司令部から作戦計画や作戦命令として旅団に与えられる 情報見積
ステップ②
任務の分析
任務の詳細を分析して旅団が行う作成を確定する
ステップ③
行動方針の列挙
作戦目標達成に向けた複数の実行可能な行動方針を列挙する
ステップ④
行動方針の分析
行動方針に基づいた模擬戦闘、シミュレーションを行う
ステップ⑤
行動方針の比較
行動方針の比較検討を行い作戦案の特性を明らかにする
ステップ⑥
行動方針の承認
幕僚長が最良と判断した行動方針案を旅団長に報告し承認を得る
ステップ⑦
計画・命令の作成
決定した行動方針に基づき明確で簡素な作戦計画、命令を作成する

 

上記のことについてはさらりと書かれていて、各項目に関してはそんなに詳しくは書かれていません。

木元さんのこちらの書が良く売れているようなので、こちらを読むことでより理解が深まるかと思います。

下記のものも気になりますね。チャンスがあれば読んでみたいと思います。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください