受験勉強をしなければいけない本当の理由


やる気が高まる! 受験勉強をしなければいけない本当の理由

やる気が高まる! 受験勉強をしなければいけない本当の理由
著者:関 正生,伊藤 賀一

内容紹介
いま日本で最も多く受講生を持っている予備校講師・関正生先生(英語)と、
社会科講師では日本一生徒数の多い伊藤賀一先生。
累計有料会員数が40万人を突破し、予備校業界の台風の目となっている、
オンライン学習システム「スタディサプリ」の看板講師ふたりが、
受験勉強に注力する意味と意義をわかりやすく痛快に解説します。
受験生が読んでやる気を高めるだけではなく、
受験生にやる気を出させたい親や教師も必読の一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)
「受験勉強」って意味あるの?「大学に行く意味」って?大学受験って、ホントにフェアな競争なんですか?ブランドや偏差値で大学を選んでもいいの?やりたいことが決まってないから学部なんて決められない!大学の授業なんて、実社会じゃ役に立たないんじゃない?スタディサプリ看板講師が志望校合格の近道を教える。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯]
[目的・質問]
[分類] 376.8:予備教育.塾教育.入学試験.受験

「桜」の画像検索結果

それにしても・・・・、まぁ、就職を考えると、「大学」ですよね。

なんやかんや言っても、何も評価する実績のもなにもありません。唯一あるのが「大学名・学部」ですからね。そうでないとすると、資格をせっせと取るとかしておかないと、図るほうは図ることができないですからね。

そう考えると、逆転は面接での「笑顔」・・・気持ちよさで面接官の印象に残ってもらうしかないですね。

転職となると、仕事での「実績」を伝えていくことはできますけど、、、、、

採用側もホントに難しいです。その人のことなんて、短い間で評価するのも大変だし、評価されるのも嫌なものですね。その短い時間でどれだけ自分を理解いてくれ、そのうえで入社させてくれるの?」というような観点で学生生活を過ごせばよいのでは・・・・なんて思って利しております。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください