「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点


「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点

「経営の定石」の失敗学 傾く企業の驚くべき共通点
著者:小林 忍

内容紹介
◎日本企業には意外な失敗パターンがある!
企業再生コンサルタントとして、著者は、経営危機に陥った日本企業を、内側から見てきました。
長年の経験から、危機にある企業の「意外な共通点」が見えてきたと言います。

共通点1:圧倒的な成功を収めた時期がある。
共通点2:「定石」と言われるセオリーを経営に取り入れている。
共通点3:落とし穴(=失敗パターン)にはまり、業績を落とした。

失敗の原因が「経営の定石」にあったことが表に出ることは、まずありません。
そこで、本書では、著者が実際に見た企業の失敗事例を「架空の会社」として例示し、徹底検証すると同時に、失敗の予防法と対処法を明らかにします。

◎危険な10の「経営の定石」とは…?
著者が見た企業は、10の定石のどれか(もしくは複数)に熱心に取り組んでいました。
1 経営コックピット
2 俊敏な経営
3 リーダーシップ
4 ワイガヤ
5 現場主義
6 コミットメント経営
7 モチベーション経営
8 選択と集中
9 ポートフォリオ経営
10 花形製品

本書では、それぞれが「なぜ、どのように、失敗につながるのか」「どう予防し、どう対処すべきか」を掘り下げていきます。

◎現場リーダー、ミドルマネジメントから経営者まで
失敗パターンは、組織によって生み出されるものです。
経営者が失敗パターンを心得る必要があると同時に、本部スタッフから現場社員までが、それぞれ心得ておくべきことがあります。
華麗な成功事例から学ぶだけでなく、過去の失敗を知り、自社がそれを繰り返さないようにすることは、現場から経営者まで、全員が取り組むべきことです。

 

 

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] おそらくそのまま経営理論を実際の経営に適応してもうまくいきませんよ・・・という話だと想像しながら、、、
[目的・質問] ひっくり返すと、「失敗の定石」ということもできるのだろうか?
[分類] 336:経営管理

下記の出版社からのコメントでほぼ言い尽くされており、私のほうで引用しても蛇足となりそうです。

出版社からのコメント
筆者は、「経営の定石」を〝特効薬〟と信じて、あまり深く考えることなく採り入れることが、会社を傾かせる原因になると考えています。
成功事例に学ぶことは、コンサルティング業界ではベンチマーキングと称されて、問題解決策の立案のために頻繁に行われます。
顧客企業の経営課題に類似の課題に対して、GEやトヨタ自動車等、最も上手に対応した企業の打ち手を調査・分析するのです。
ちゃんとしたコンサルタントであれば、ここで必ず〝ひとひねり〟入れます。

まず「GEがどうしてその手を打ったのか」「背景となる経営環境や制約は何だったのか」といった「なぜ?(Why)」をしっかりと煮詰めます。
その上で、顧客企業の経営環境や制約をしっかりと見極め、顧客企業にカスタマイズした解決策を示すのです。
他社で成功した方法をそのまま採入れるような方法は、コンサルティング業界では〝出羽の守(~では、の守)〟などと言われて絶対避けるべきこととされているからです。

しかしながら、筆者が事業再生をお手伝いした多くの企業では、
〝ひとひねり〟のないままに成功事例をなぞって「定石」を実行した挙句に、散々な目にあっていました。
そして、こうした失敗が世間に明るみに出るときに「経営の定石」で会社が傾いたことが公けにされることはほとんどありません。
「このままでは、同じ失敗が繰り返されてしまう」
「日本企業の〝不幸の連鎖〟を止められない」
──そんな危機感が、本書の執筆のきっかけとなりました。

本書では、筆者が実際に見た「経営の定石」の罠にはまった事例をさまざまに紹介していきます。
そして、それらを反例として〝処方箋〟を紹介します。
(「まえがき」より抜粋)

骨子としては、上記がうまくまとめられている形になりますので、引用はそのほかのところからとなります。

世界の経営者が尊敬する人物としてこちらが挙げられています。(p.103)

http://www.afpbb.com/articles/-/2939792

■世界のビジネスリーダーが尊敬するリーダー ベストテン
1位 ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)元英首相
2位 スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)元米アップル(Apple)CEO
3位 マハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi) インド独立の父
4位 ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)元南アフリカ大統領
5位 ジャック・ウェルチ(Jack Welch)元米ゼネラル・エレクトリック(General Electric、GE)CEO
6位 エーブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)第16代米大統領
7位 マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)元英首相
8位 ロナルド・レーガン(Ronald Reagan)元米大統領
9位 ジョン・F・ケネディ(John F. Kennedy)元米大統領
10位 ビル・クリントン(Bill Clinton)元米大統領とナポレオン・ボナパルト(Napoleon Bonaparte)

プライスウォーターハウスクーパース調べ (c)AFP

会計関連の良書として、以下が紹介されています。

シナリオプランについて書かれており、ロイヤル・ダッチ・シェル社の最新版のアウトプットイメージがダウンロードできるようです。

http://www.shell.co.jp/ja_jp/media-centre/news-and-media-releases/2015/new-lens-scenario.html

さすがです・・・本家本元のシナリオ・プランニング・・・
すごすぎます。

こちらは一度、別の機会に特集したいと思います。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください