人生で最も大切な2つの日

友人に薦められて『イコライザー』という映画を見ました。(見たと言ってもアマゾンのプライム・ビデオですが・・・)


その冒頭のナレーションで語られていた言葉。

The two most important days in your life are the day you are born and the day you find out why.

– Mark Twain

人生で最も大切な2つの日、それはあなたが生まれた日と、なぜ生まれてきたのかを悟った日。

– マーク・トウェイン

「なぜ生まれてきたか」は、人生の中で何度か感じることがあるかもしれません。その時点で「なぜ」を見つけても、さらに先にもっと次の「なぜ」があるかもしれません・・・・というようなことを考えてしまいました。

さて、映画に関してですが、勧善懲悪な必殺仕事人のようなストーリで、スッキリさせられました。

シークレット・ドクトリンを読む

シークレット・ドクトリンを読む

シークレット・ドクトリンを読む (トランス・ヒマラヤ密教叢書)
著者:ヘレナ・P. ブラヴァツキー

内容(「BOOK」データベースより)
神智学の源泉となり、世界中のあらゆる宗教・哲学・芸術・科学に決定的な影響を与えた、近代オカルティズムの聖典『シークレット・ドクトリン(秘密教義)』。本書はこの聖典の基本部分を選んで訳出したダイジェスト版であり、さらに詳細な注解を付して宇宙と人類の霊的進化のヴィジョンを明らかにした、待望の一冊である。内容(「MARC」データベースより)
神智学の源泉となり世界中のあらゆる宗教・哲学・芸術・科学に決定的な影響を与えた、近代オカルティズムの聖典「シークレット・ドクトリン(秘密教義)」の基本部分を訳出。宇宙と人類の霊的進化のヴィジョンを明らかにする。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 何かで「ショック・ドクトリン」(惨事便乗型資本主義)という言葉に出合ったのですが、それを調べているときに「シークレット・ドクトリン」という言葉にぶつかりました。妙に気になりまして、もう少し突っ込んでみようと思い、図書館で借りたのがこちらです。
[目的・質問] 「シークレット・ドクトリン」を知る。
[分類] 147:超心理学. 心霊研究

Continue reading “シークレット・ドクトリンを読む” »

考える力をつける本

考える力をつける本 (講談社+α新書)

考える力をつける本 (講談社+α新書)
著者:畑村 洋太郎

内容紹介
企画にも問題解決にも・・・・・・・。
失敗学・創造学の創始者であり、『直観でわかる数学』などのベストセラーでも知られる著者が、いままでの知的生産のベースとなる、どんな場面にでも使える現代の知の生産術を明らかにした!自ら行動して観察してアイデアを形にする。
考える力をつけるための日常からできる準備、ちょっとした心がけ、そして企画にまとめるためのアウトプットの方法まで。
具体的な方法を示す。やり方がわかれば誰もができるようになる、本物のアクティブ・ラーニング。【目次】
第1章 「考える」とはどういうことか
第2章 「考える力」をつける準備
第3章 「考える力」をつける訓練
第4章 「考えをつくる」作業
第5章 「考える力」を高める
第6章 創造作業で多くの人が躓くこと

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 図書館の新刊で発見!
[目的・質問] 「失敗学」の畑村先生がいう「考える力」というのを知る。
[分類] 141: 普通心理学. 心理各論

Continue reading “考える力をつける本” »