発想を事業化するイノベーション・ツールキット


発想を事業化するイノベーション・ツールキット ―― 機会の特定から実現性の証明まで
(著者デヴィッド シルバースタイン )
★★★★☆

これは、タイトル通りの内容で、「イノベーションのためのツールの紹介本」です。
イノベーションには2つの異なるプロセス、フロントエンドとバックエンドがあり、さらにそれらをそれぞれ2つに分け、イノベーションのステップとして以下の4つ段階を設定し、それぞれにツールを紹介する形を取っています。

その4つの段階とは、
1. 「機会を定義する(Define)」
2. 「アイデアを創出して発見する(Discover)」
3. 「設計を作り上げる(Develop)」
4. 「イノベーションを証明する(Demonstrate)」

それぞれのステップで・・・
1 → 13種類
2 → 19種類
3 → 15種類
4 → 11種類
全部で58のツールが掲載されています。

ここでそれぞれを説明しだすと、完全にネタバレですので、一度手に取ってご覧いただくと良いと思います。リファレンス的に手元に置いておくのも良いと思いますが、何より自分の引き出しにこの58種類をきちんと整理していつでも引き出せる状態にできるかどうか・・・それについては、修行なしには難しそうです。

 


人気ブログランキングへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください