今週の雑誌(6/25チェック)

今週気になった雑誌・・・見ていきましょう。

・Forbes 2022年8月

・Forbes 2022年8月
「新しい市場創造」入門

 ルールがビジネス上の障壁となる事態が起こりえる。政治や行政に働きかけて、規制緩和などを実現することで初めて市場が成立するパターンが存在するのだ。テクノロジーの進化の加速に伴い、この課題はかつてないほど大きくなっている。
 優れた技術をもっていても、ルールでやられてビジネスが壊れるという経験を、近年多くの日本企業が経験してきたことでようやく、自分たちが積極的にルール作りに関与していくべきという意識に変わり始めている。
 ルールメイキングを行うためには企業も「ルール」の知見を深めなければならない。その種類は多岐にわたるが、実は大きくスタンダード(標準)とレギュレーション(規則)の二つに分けることができる。ポイントは、この二つの要素のかけ合わせだ。スタンダードだけではビジネスインパクトは限定的。レギュレーションとセットにすることで、より強固な力を発揮させることができる。もうひとつ、忘れてはならないのは、社会課題解決の視点だ。
 ルールには4つの目的として、金儲けを目的とする「信用ルール」、産業振興のための「創造ルール」、新しいものを普及させ人々を巻き込むための「普及ルール」、企業を育成するための「育成ルール」がある。
 いま日本に足りないのは、テクノロジーのイノベーションではなく、社会の変え方のイノベーションだ。新しいテクノロジーは重要だが、どれだけ素晴らしい技術を開発しても、それを受け取る社会の側が変わらなければ技術は浸透していかない。社会の変化を起こすための一手法として、ルールメイキングが果たす役割は大きい。
 成功する社会実装の共通湖が浮かび上がってくる。
①デマンド
②インパクト
③倫理とリスク
④ガバナンス
⑤センスメイキング
 市場創生 5つのモデル
1 Generate 「創出」型
技術革新または規制改革を通じて従来不可能だったことが可能に
2 Expand 「拡大」型
技術革新やマーケティングにより既存市場の客数または客単価を向上
3 Reconstruct
既存市場の一部を解体し、ビジネスモデル変革で新たな成長市場を再構築
4 Carve Out 「切り出し」型
社会課題解決に資する価値をもつ特定セグメントを切り出して拡大
5 Aggretage 「統合:型
複数市場にまたがる製品・サービス間に共通する価値を新カテゴリー化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください