こいつできる! と思われる いまどきの「段取り」

こいつできる! と思われる いまどきの「段取り」

こいつできる! と思われる いまどきの「段取り」
著者:野田 宜成

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 図書館の新着です。
[目的・質問] 「段取り」・・・それは私の中での仕事をしていく上での大切なキーワードの一つです。
[分類] 336.2:合理化.生産性.能率, 生産性(経営管理)

Continue reading “こいつできる! と思われる いまどきの「段取り」” »

自己超越

有名な「マズローの欲求段階説」ですが、下記5段階だと思っている方が多いと思います。下記の5つですよね。

マズローが提唱した人間の基本的欲求を低次から並べる

  1. 生理的欲求 (Physiological needs)
  2. 安全の欲求 (Safety needs)
  3. 社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)
  4. 承認(尊重)の欲求 (Esteem)
  5. 自己実現の欲求 (Self-actualization)

はい、その5段階が定説ですが、実は、晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表されています。

Continue reading “自己超越” »

行動経済学の逆襲

行動経済学の逆襲

行動経済学の逆襲
著者:リチャード・セイラー

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 行動経済学のパイオニア、リチャード・セイラーさんによる行動経済学史??
[目的・質問] 紆余曲折の行動経済学を進化過程を追っかけます。
[分類] 331:経済学.経済思想

Continue reading “行動経済学の逆襲” »

夕学講座「変えること、変わることを恐れてはいけない!」 / 夏野剛先生

タイトル:変えること、変わることを恐れてはいけない!
講師:夏野 剛(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘教授)

日時:2016/10/06(水) 18:30~20:30
場所:大阪商工会議所(サテライトLIVE放送)

Continue reading “夕学講座「変えること、変わることを恐れてはいけない!」 / 夏野剛先生” »

「情」と「理」 話し方の法則

「情」と「理」 話し方の法則: 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない (単行本)

「情」と「理」 話し方の法則: 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない
著者:岩田 松雄

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 岩田さんシリーズということで・・・。
[目的・質問] 話し方・・・これまで気づかなかったこといただけたらと。
[分類] 336.4:人事管理.労務管理.人間関係.ビジネスマナー.提案制度

Continue reading “「情」と「理」 話し方の法則” »

メールマガジン発刊のお知らせ!ご購読お願いします!

おつかれさまです。
この度、当サイトの情報発信手段として、メールマガジンを発刊することにいたしました。

■維能辺シオンの本棚■

イノベーショナルマーケター維能辺シオン(現在、某企業でマーケティング部門に従事しながら、社会人大学院博士過程に在学中)がお届けするビジネス書のレビューです。イノベーションに関する要素を見出して、議論しましょう!ビジネス書は経営関係、マーケティング関係が多くなります。ご購読、よろしくお願いします。
(●^o^●)

 

メルマガ購読・解除

 

刹那 क्षण kśaṇa

何気に「刹那」って使ってますが、こんな深い意味があったとは・・・驚きでした。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説によると・・・

仏教における最小の時間単位。サンスクリット語クシャナkaaの音訳。『大毘婆沙論(だいびばしゃろん)』巻136の譬喩(ひゆ)的説明によると、「2人の成人男子が何本ものカーシー産絹糸をつかんで引っ張り、もう1人の成人男子が中国産の剛刀でもって一気にこれを切断するとき、1本の切断につき64刹那が経過する」と述べられている。2人の男がかりに5000本の絹糸をつかんだとすると、剛刀による一瞬の切断で5000×64刹那の時間が経過するから、1刹那の短さが想像されよう。『大毘婆沙論』同所の科学的説明によると、1昼夜=30須臾(しゅゆ)、1須臾=30臘縛(ろうばく)、1臘縛=60怛刹那(たんせつな)、1怛刹那=120刹那である。1昼夜を24時間として計算すると、1刹那は75分の1秒になる。仏教哲学では「刹那」は、物質的、精神的、なかんずく精神的な現象の瞬間的生滅を説明するときに使われる。なお、今日の「刹那主義」ということばの概念は仏教のものではない。[定方 晟]

 

デジタル大辞泉の解説によると・・・

《〈梵〉kṣaṇaの音写》
1 仏語。時間の最小単位。1回指を弾く間に60あるいは65の刹那があるとされる。
2 きわめて短い時間。瞬間。「刹那の快楽に酔う」「衝突した刹那に気を失う」「刹那的な生き方」

仏教用語だったとは全く知らずに気軽に使っていました。語源を知ると、使うときにその語源も意識しながら話すことになりますが、その思いまでもうまく伝えられるようになれば、言葉自体が生き物なってくるような気がしますね。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密

部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密

部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密
著者:岩田 松雄

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 岩田さん作ということで。
[目的・質問] 岩田さんの社員に向けたメッセージを社員の気持ちになって読んでみたいと思います。
[分類] 576:油脂類

Continue reading “部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密” »

ブランド 「自分ブランド」を築く48の心得

ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得

ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得
著者岩田松雄

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯] 別々のルートで知り合った友人が、共に岩田さんとはお知り合いということで。
[目的・質問] 「自分ブランド」の磨き方、マスターします。
[分類] 159.4:経営訓

Continue reading “ブランド 「自分ブランド」を築く48の心得” »