左遷社員池田 リーダーになる

左遷社員池田 リーダーになる〜昨日の会社、今日の仕事、明日の自分〜

著者:鈴木 孝博…

久しぶりに小説を読みました。カリスマのオーナー社長が亡くなって、娘婿に事業承継されるも、悪循環。池田君も左遷されましたが、いろいろな人のサポートを得ながら、成長していき企業を救うまでに・・・。(Inobe.Shion)
内容紹介
ビジネス界が大絶賛!
ストーリーを通して「会社とリーダーの成長」を体感できる痛快な仕事ドラマ!
小説でありながら、「リーダー論」や「経営論」を学べるビジネス書としての工夫が随所に散りばめられています。
「会社とは、誰のために、何のためにあるのか?」【ストーリー】
ドレッシング製造を手がけるフリージアは、アットホームな中堅企業。
しかしカリスマ創業社長が急死すると社内は一変。元銀行員の娘婿が新社長に就任し、
元敏腕経営コンサルタントを右腕に起用。しかし改革断行も虚しく、業績はジリ貧に。
そんな会社の危機に、ある男が立ち上がる。それは前社長と二人三脚で会社を築き上げた
「伝説のナンバー2」、近藤だった。近藤はまず、左遷され落ち込んでいた中堅社員・池田に
目をつける。こうして池田の「リーダー修行」が始まった……。

【目次】
◆プロローグ

◆第一章 池田、左遷される
~理不尽な扱いを受けてもやる気を失わないために

◆第二章 池田、立志する
~思うように評価されないときの対処法

◆第三章 池田、経営を考える
~誰のために、何のために会社はあるのか

◆第四章 池田、組織を知る
~会社の成長を加速させるために何が必要か

◆第五章 池田、企画を学ぶ
~アイディアとイノベーションを生み出す環境とは

◆第六章 池田、人を理解する
~多くの人を動かす「巻き込み力」を身に付ける

◆第七章 池田、プロジェクトを推進する
~仕事を動かすリーダーの思考と行動

◆第八章 池田、リーダーになる
~予測していなかった危機的状況ですべきこと

◆エピローグ

出版社からのコメント
Amazon新着ランキング1位! (実践経営・リーダーシップ)
紀伊國屋大手町ビル店でも2週にわたり週間ランキング1位に!

毎日新聞デジタル版でも紹介されました(11月13日)。
http://mainichi.jp/articles/20161111/mog/00m/020/004000c

この本は小説でありながら経営・リーダー論を本当に深く楽しく学ぶことができます。
小説だからこそ、具体的な場面設定の中でどういう判断・行動をすべきかが明確に理解できるのだと思います。
池田が成長していく姿や痛快なストーリーが楽しいのはもちろんのこと、営業・企画・総務・経理など各部門の果たすべき役割や、
そもそも会社は何のためにあるのか、など会社経営をしていく上で大切なことが満載です。
池井戸潤さんの小説のように派手な展開ではありませんが、その分、登場人物をよりリアルに感じてもらえ、
読み終わった後は気持ちが温かくなり、前向きになることでしょう。

現在、ドラマ化の話も出ており、どの登場人物がどの俳優さんになるのかとイメージしながら読むと一層面白いと思います。

Continue reading “左遷社員池田 リーダーになる” »

どんどん集客が楽しくなる! ISDロジックビジネス

どんどん集客が楽しくなる! ISDロジックビジネス

著者:椋本庄治…

なんだこれは⁉ そういえば、前職時代、そう20年近く前になりますが、「個性学」といってそれを使って顧客を識別できる・・・という提案が来たことがある。それ?? 数表があって、生年月日からタイプを識別していくわけなのですが・・・。(Inobe.Shion)

 

内容(「BOOK」データベースより)
「どう感じ、どう考え、どう行動するか」顧客の個性を把握、理解した“販促理論”と“ノウハウ”によって面白いように反応率をアップできる。「八方美人的」「誰にも刺さらない」DM・チラシよ、サヨナラ!「個性」重視!高反応を叩きだす新技法。著者について
1961年大阪市住吉区生まれ。大学卒業後に印刷会社に入社。その後、広告代理店をへて同僚二人で 広告代理店を設立。14年後に集客に目覚めて再度独立、株式会社マインドアイを設立。「消費行動が活発化し経済行動が 活性化すれば」という思い出活動している。現在はISDロジックビジネスを活用し、クライアントの集客改善、売り上げ のアップに目覚しい成果を上げている。

分類 673.3:販売.販売促進.セールスマンシップ.セールスマン, セールスマンシップ

Continue reading “どんどん集客が楽しくなる! ISDロジックビジネス” »

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

著者:ジュリア・キャメロン…

原題は「The Artist’s Way」ですので、邦題は少し飛躍している感も否めませんが、アマゾンのレビューもたくさんついていて高評価作品です。今回はその作品発刊25周年ということで、新版という形で刊行されました。(Inobe.Shion)

 

内容紹介
「50歳からスタートして脚本家になった! 」
「アーティストになった」
「イライラしなくなった」と大評判!
全米ロングセラーの完全版が、持ち運びやすいサイズでついに登場です!子どものころ、何になりたかったでしょうか?
とにかく絵を描くのが好きだった、こっそり詩を応募したことがある、
ミュージシャンに憧れて仲間とバンドを組んでいた……。
誰にでもひとつやふたつ、そんな思い出があるのではないでしょうか?
でも、たいていの人は、
「才能がない」「できっこない」
「夢みたいなこと言ってないで、まともな仕事につきなさい」
などという世間や親、そしてほかならぬ自分自身の思い込みで、
創造的でありたいという夢を捨ててしまいます。本書は、わたしたちの内側に秘められた「創造的な子ども」を見出し、育て、
「ずっとやりたかったこと」をやって創造的に生きるための具体的方法論です。
ミリオンセラー作家、画家、有名俳優、
映画『タクシードライバー』の監督マーティン・スコセッシなども実践する本書のメソッドは、
いわゆる「アーティスト」はもちろん、
毎日をもっと創造的に生きたいすべての人に役立ちます。

内容(「BOOK」データベースより)
どんな人でも、何歳からでも、創造的に生きられる。忘れていた夢をかなえた人、続出!全米で25年間愛されつづけるロングセラーの完全版がついに登場!「50歳からスタートして脚本家になった!」「アーティストになった」「イライラしなくなった!」と大評判。毎日をもっと豊かに、パワフルに、自分らしく生きるための12週間の旅。

[分類] 159:人生訓. 教訓

Continue reading “新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。” »

個人情報保護法 (1冊でわかる! 改正早わかりシリーズ)

個人情報保護法 (1冊でわかる! 改正早わかりシリーズ)

著者:水町 雅子…

平成29年5月30日施行された「個人情報保護法」についてなかなか確認する間がなかったのですが、一度整理しておきたいと思いまして、こちらの本を読んでみました。法律は遅ればせながらになることが多いですが、社会を反映したものです。裏返して考えると、法律を見ると社会の一端が垣間見えるということにもなるでしょう。(Inobe.Shion)

 

内容紹介
平成29年5月30日全面施行 すべての企業が対象に!
改正事項と実務上の留意点をわかりやすく解説□多岐にわたる法改正の変更箇所を一目でわかる新旧対比や図表を交えて紹介
□どのようなルールが総合的に求められるのか、個人情報を取り扱う際のポイントやルールを解説

内容(「BOOK」データベースより)
変わった箇所が一目でわかる、新旧対比付き。改正内容と個人情報保護法の要点を、図解を交えてコンパクトに解説。実務でよくありそうな疑問点を解消。確認・見直すべき事項がわかるよう、ポイントをしぼって紹介。

法律全文:こちら
個人情報保護委員会事務局による資料:こちら

Continue reading “個人情報保護法 (1冊でわかる! 改正早わかりシリーズ)” »

RSSを入れてみました。

「RSS」の画像検索結果

ブログの読者数って、なかなか増えないのですが、どうしたら増えるかについて、いくつかの紹介サイトを見てみました。

そうすると「RSS」を入れているか?と。僕自身、特にRSSを使ってないので、そんな影響力はあるのか・・・こんな弱小ブログでも影響はあるのか・・・と思っていたのですが、すぐに設定はできるので、入れてみました。でも最近聞かくなりましたしねぇ・・・・どうなんでしょうね。

そもそもRSSって何だ?という方のためにあらためて復習してみましょう。
こちらが詳しいでしょうか。

というわけで貼ってみましたが・・・・効果はいかに。(笑)

賢く決めるリスク思考

賢く決めるリスク思考:ビジネス・投資から、恋愛・健康・買い物まで

賢く決めるリスク思考:ビジネス・投資から、恋愛・健康・買い物まで
著者:ゲルト・ギーゲレンツァー

内容紹介
(( 直観 x 統計学 ))で、すばやくベストの選択を!ビジネス・投資から、恋愛・健康・買い物まで、
意思決定にはリスクがつきまとう。本書は、リスクの正体をとらえることによって、
人生のあらゆるシーンで活かせる思考法を明かす。
——これは<直観・経験則>と<統計学>を組み合わせた強力なツールだ。

著者はリスク・リテラシーの国際的な第一人者、
ゲルト・ギーゲレンツァー。

不確実なリスク社会に立ち向かうための思考法と実践の書。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::著者:: ゲルト・ギーゲレンツァー
マックス・プランク人間発達研究所所長。
既刊本は『リスク・リテラシーが身につく統計的思考法』(ハヤカワ文庫)、『なぜ直感のほうが上手くいくのか?』(インターシフト)。

::目次::
●第1部:リスクの正体をとらえよ
第1章:人間はバカなのか
第2章:確実性は幻想にすぎない
第3章:なぜ守りの意思決定をしてしまうのか
第4章:恐れはどこからやってくる?

●第2部:賢く決める方法
第5章:投資に失敗しないシンプルな法則
第6章:リーダーは直観で決めている
第7章:ゲームから買い物まで
第8章:恋愛と結婚のリスク
第9章:医師の多くは検査結果をわかっていない
第10章:がんのリスクを知る
第11章:迫りくる危機への解決策

●第3部:リスク教育
第12章:リスク・リテラシーを身につける学習

::絶賛::
リスクを賢くとるということは、確率論や心理学を理解する以上のことなのだ。
——『エコノミスト』

本書がもたらす発想の転換は、
本当のリスクと利益にフォーカスするのに役立つだろう。
——『ガーディアン』

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、リスクの正体を捉えることによって、人生のあらゆるシーンで活かせる思考法を明かす。これは“直観・経験則”と“統計学”を組み合わせた強力なツールだ。この1冊で、もうあれか、これかと迷わずに、すばやく賢く決められる!

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯]
[目的・質問]
[分類] 141.5:思考.想像.創造性, 創作力(心理学)

Continue reading “賢く決めるリスク思考” »

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
著者:山本 一成

内容紹介
★「情熱大陸」(TBS系列)、「NHKスペシャル」にて大反響!
★ 朝日新聞書評にて野矢茂樹氏(東京大学教授・哲学)が絶賛!
★ その他、各種メディアにて賞賛の声多数2017年4月1日――人工知能「ポナンザ」が現役の将棋名人に公式戦で初めて勝利した日を、その生みの親である著者は次のように振り返ります。「この日は、コンピュータ将棋の世界にとって記念すべきものになりましたが、同時に改めて、人間と人工知能の違いを認識させられた日ともなりました。
本書で紹介してきた人工知能(ポナンザ)の特徴と、世界に意味を見つけ物語を紡いで考えていく人間の思考法の限界が明確に表れたのです。」本書の魅力は、このフレーズに象徴される「人工知能と人間の本質的な違い」
そして「知能と知性の未来」を、
◇プログラマからの卒業
◇科学からの卒業
◇天才からの卒業
◇人間からの卒業
という4つの章で見事に段階的に説明している点にあります。そしてもう1つの読みどころは、著者が研究の最前線で遭遇した驚くべき事象や、
囲碁・将棋のプロ棋士たちの人工知能への反応を鮮やかに記述していること。

◇黒魔術化する人工知能
◇黒魔術の1つ、「怠惰な並列化」とは
◇ディープラーニングは 知能の大統一理論になれるか?
◇サイコロにも知能がある!?
◇囲碁は画像だった!
◇知能の本質も画像なのか?
◇科学が宗教になる瞬間を見た
◇研究者は「人工知能の性能が上がった理由」を説明できない
◇人類はこれから、プロ棋士と同じ経験をする

などなど、目からウロコの解説の連続で、既存のどんな人工知能の解説書よりも面白くてわかりやすい、必読の1冊となっています。

内容(「BOOK」データベースより)
人工知能は今、プログラマの手を離れ、既存の科学の範疇を超え、天才が残した棋譜も必要とせず、さらには人間そのものからも卒業しようとしています。その物語を、できる限りやさしく語りました。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯]
[目的・質問]
[分類]  007.13:人工知能.パターン認識, パターン認識(情報科学)

Continue reading “人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?” »

クリエイティブ思考の邪魔リスト

クリエイティブ思考の邪魔リスト

クリエイティブ思考の邪魔リスト
著者:瀬戸和信

内容紹介
日本マイクロソフトなどで活躍してきた著者による
「NewsPicks」人気連載を書籍化。
今、世界中の企業で職種を問わず重視される「クリエイティブ思考」。
しかし「規則の島」で仕事や通勤に長時間を費やす私たち日本人は、
誰しもが生来持つこの思考を封印されてしまっている。
創造性の「芽生え」を邪魔する15の悪習慣さえ取り除けば、
私たちは「クリエイティブ思考」を取り戻し、
豊かな思考を持つ人になれる。
(解説/NewsPicks編集長・佐々木紀彦氏)〈内容〉
【Chapter.1】クリエイティブ思考って何?
・クリエイティブ思考とは「考える力(スキル)」
・ジョブズが見せた「無限に成長していくための過程」
・まずつくるべきものは「型」
・名刺代わりのビジュアル
・「守破離」
・それを好きでやっている人【Chapter.2】いま、世界中が注目する理由
・忘れていくクリエイティブ思考
・人にしか持ちえない力
・脅威に映るクリエイティブ思考
・わらしべ長者論
・上司に求めるのは直感
・「規則の島」の住人たち
・切迫感を失わないように
・「トヨタ以外、世界で活躍している日本企業はあるの?」

【Chapter.3】クリエイティブ思考の邪魔リスト
1.制約を侮ってはいけません
・メニューのないバー
・1万文字までOKのTwitter
・言語障害を持った弁護士
・「僕はあと何日生きられるのか」という制約
・タクシー運転手に道順を指示してはいけない
・リーダーは戦略を伝えるのみ

2.名刺は名前以外を見てはいけません
・「リバースメンターシップ」という発想
・「若い者はついてこい」という意識を捨てる
・肩書=権威と考えない

3.慎重に計画を練ってはいけません
・動きながら身につけろ!
・「小さく始める」ことが大きく化ける
・行動は幸福度にも影響する

4.「考えても仕方がないこと」を考えてはいけません
・妬みは頭を悪くする
・月収5万円の大連赴任でわかったこと

5.周囲からの影響を軽く見てはいけません
・「内輪」ばかりでは限界が来る
・故郷を離れてみよう
・汚れた1滴がボトル全体を濁らせる

6.「知ったか病」に冒されてはいけません
・茶碗を空っぽにしているか?
・恐ろしい前置き

7.自分の「型」に他人をはめてはいけません
・自分の「型」しか見えていない人
・相手と自分を取り換えてみよう

8.「男だからハイヒールは履かない」と言っていてはいけまいけません
・「スーパーマン」で「忍者」で「ロックンローラー」な人を求む!
・女性的クリエイティブ思考
・男もしたたかにハイヒールを履こう

9.弱みを克服してはいけません
・自分の強みが使えていない現実
・弱みを克服している時間はない
・「自分アンケート」をやってみよう

10.グローバル時代に異文化を学んではいけません
・「石の上にも3年」を説いた翌週退職した同僚
・どこにいても「元のさやに戻る」
・おいしいコーヒー」の伝え方

11.違和感から逃げてはいけません
・米国人は「ゴキブリホイホイ」が苦手
・箱の外で考える
・日本人は寛容ではない?

12. 「自己ブランディング」に罪悪感を持ってはいけません
・自慢という勘違いはもったいない
・自分の広報係は自分しかいない

13. 惰性リズムを積み重ねてはいけません
・マイクロソフトで教わったリズムの概念
・世界のクリエイティブな人たちのリズム
・仕事ができる人はオフィスの自席にいない
・村上春樹さんもリズムの達人

14. 「運動」を仕事と切り離してはいけません
・「フィットネス」は仕事上の能力
・「健康」が株式市場でも評価される時代
・オバマ大統領のトレーニング持続法

15. 徹夜した自分に酔ってはいけません
・従業員の睡眠を大事にするGoogle
・日常生活の基本が脳をつくる

【Chapter.4】結び

謝辞
解説/佐々木紀彦氏(「NewsPicks」編集長)「日本が世界一クリエイティブになるために」

内容(「BOOK」データベースより)
マイクロソフト、フィットビットなどで活躍してきた凄腕マーケターが実践していること。計画は練らない、弱みは克服しない、徹夜はしない、など15の悪習慣さえ取り除けば、創造的思考を持つ人になれる。

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯]
[目的・質問]
[分類] 141.5:思考.想像.創造性, 創作力(心理学)

Continue reading “クリエイティブ思考の邪魔リスト” »

考え方~人生・仕事の結果が変わる

考え方~人生・仕事の結果が変わる

考え方~人生・仕事の結果が変わる
著者:稲盛 和夫

内容紹介
本来、人生とは素晴らしい希望に満ちているものです。(中略)未来に希望を抱き、明るく積極的に行動していくことが、仕事や人生をより良くする第一条件です。――本文より京セラ創業から第二電電(現KDDI)の設立、そして、2010年の経営破綻からわずか2年で日本航空をスピード再生させた当代随一の経営者・稲盛和夫が、自ら一貫して実践し、社員一人ひとりに語り続けてきた、「自己成長を促し、真の充足をもたらす」唯一つの方法を示す。渾身の書下ろし新刊!!「人間として正しいことを正しいままに貫くこと」「どんな境遇にあっても、ひたむきに人間を磨くこと」がもたらす素晴らしい未来を熱く語り、一度きりの人生を、真に実り豊かで輝かしいものにするための要諦を伝える。
これから就職を目指す人、社会に出る人から経営者まで、人生の目的に迷うとき、生き方に悩むとき、心が晴れないとき、支えになってくれる一冊!

出版社からのコメント
本書を構成している九つの章は「大きな志を持つこと」「常に前向きであること」「努力を惜しまないこと」「誠実であること」「創意を凝らすこと」「挫折にへこたれないこと」「心が純粋であること」「謙虚であること」「世のため、人のために行動すること」から構成されており、それぞれが独立したテーマとなっています。しかし「人生は考え方によって形づくられる」という本質の部分では互いにしっかりと結びつき、一体となって、人生に幸福をもたらす「人間のあり方」を指し示しています。――本文より

★読書前のaffirmation!
[きっかけ・経緯]
[目的・質問]
[分類] 159:人生訓. 教訓

Continue reading “考え方~人生・仕事の結果が変わる” »

Adventure and Innovation! Amazing Quest!