「★★★★☆ 評価 4」カテゴリーアーカイブ

バカとつき合うな

バカとつき合うな

著者:堀江貴文、西野亮廣

「バカ」「バカ」と上から目線で言われていると、結構読んでて辛いところもありますが、彼らのファンからするとそれが快感なのでしょう。お二人の本は意外と読んでるんですが、それほどファンでない私だとまた同じことを言っているなぁって思うわけですが、ファンの人だとこの予定調和なところもまた、暴れん坊将軍や水戸黄門の如く、快感なのでしょうね。(Inobe.Shion)

ファイル:Laughing Fool.jpg

 

内容紹介

【発売40日で6刷、20万部突破のバカ売れ大ヒット!】
【オリコン週間BOOKランキング1位! 】(オリコン調べ 2018年11月12日付け)
【週間ベストセラー 総合1位! 】(日本出版販売株式会社 2018年11月7日調べ)
【週間ベストセラー 単行本ビジネス書1位! 】(株式会社トーハン 2018年11月6日、13日、20日、27日、12月4日調べ)

「『バカ』という一見ネガティブな言葉をキーワードにしながらも、失敗を恐れず一歩踏み出す勇気を与えてくれる一冊となっている」(オリコン)

感動&共感の声、続々!
大丈夫、あなたは間違っていない。
今すぐ自由になろう。

あなたがなりたいあなたになるための、心からのエール。
新時代を生きる㉘の最強の教え!

01 バカばっかりの環境に居続けるバカ(堀江貴文)
02 人と同じことをやりたがるバカ(西野亮廣)
03 学校を盲信するバカ(堀江)
04 目的とアプローチがずれているバカ(西野)
05 我慢を美徳にしたがるバカ(堀江)
06 未熟なのに勘に頼るバカ(西野)
07 欲望する力を失っているバカ(堀江)
08 「自分の常識」を平気で振りかざすバカ(西野)
09 機械の代わりを進んでやるバカ(堀江)
10 付き合いを強要するバカ(西野)
11 ひとつの仕事で一生やっていこうとするバカ(堀江)
12 先に設計図を描きすぎるバカ(西野)
13 にわかを否定するバカ(西野)
14 人生の配分ができないバカ(堀江)
15 新しさばかり追求するバカ(西野)
16 無自覚に人の時間を奪うバカ(堀江)
17 善意なら何でもありのバカ(西野)
18 マナーを重んじて消耗するバカ(堀江)
19 自分は老害にならないと思っているバカ(西野)
20 孤独を怖がるバカ(堀江)
21 一貫性にこだわるバカ(西野)
22 未来に縛られるバカ(堀江)
23 空気を読むバカ(西野)
24 バカを笑って、自分は棚上げのバカ(堀江)
25 西野亮廣という「バカ」(堀江)
26 堀江貴文という「バカ」(西野)
27 ぼくは「バカ」(堀江)
28 ぼくも「バカ」(西野)

善意のバカは本当にタチが悪い。バカにもいろいろあるけど、自分がいいことをしていると信じて疑ってないから、なにを言っても耳を貸さない。つまり、バカの中でも止めようのないバカという意味で最悪です。(西野亮廣 本文より)

我慢を美化してしまうケースは、世の中にたくさんある。嫌な上司に付き合うのも、これは我慢だから、社会人としての成長になるんだ、とかね。つまり、バカと付き合うのもいいこと、というとんでもない考え方をしはじめる。(堀江貴文 本文より)
内容(「BOOK」データベースより)
あなたは自由になるべきだ。なぜ自由でないのか?新時代を生きる28の最強の教え。

著者について

■堀江貴文…1972年福岡県生まれ。実業家。SNS media & consulting株式会社ファウンダー。元ライブドア代表取締役社長CEO。
著書に『ゼロ』『本音で生きる』『多動力』『自分のことだけ考える』『これからを稼ごう』などがあり、ベストセラー多数。
スマホアプリのプロデュースや、国内初となる民間の宇宙ロケット開発に取り組むなど、多岐にわたって活躍中。
有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者を持つ。また会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」も盛況で、優秀な人材を輩出し続けている。

■西野亮廣…1980年兵庫県生まれ。芸人。
著書は、絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』、小説に『グッド・コマーシャル』、ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』があり、全作ベストセラーとなる。
オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」は会員数1万2000人 (2018年11月時点) を突破し、国内最大の規模となっている。
芸能活動の枠を越え、さまざまなビジネス、表現活動を展開中。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
堀江/貴文
1972年福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。元ライブドア代表取締役社長CEO。宇宙ロケット開発や、スマホアプリのプロデュースなど、多岐にわたって活動中

西野/亮廣
1980年兵庫県生まれ。芸人。国内最大規模のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Continue reading “バカとつき合うな” »

実践CRM -進化する顧客関係性マネジメント-

実践CRM -進化する顧客関係性マネジメント-

著者:木村 達也

2009年・・・10年以上前の本ですが、友人が貸してくれましたので読んでみました。ほぼオフラインの話で非常に懐かしく思いながら読みました。このころから、ネットとの連携からe-CRMなどと言われ、そしてMAへとつながっていく時代を感じさせる内容です。(Inobe.Shion)

Customer

内容紹介

現代の変化する市場と顧客へどのように適応するかを研究者と9人の実務家が戦略的に論じた論文・事例集となっており、戦略的マーケテイング及びこれからのCRMの方向性を明らかにした好著です。
全体を「企業経営におけるCRM戦略」「ビジネス戦略としてのCRM」「CRM実践における課題と解決手法」「CRMとIT技術の活用」「事例に学ぶ―CRMの実践と市場と顧客の獲得」などに整理して懇切丁寧に解説しており、この1冊で現代の顧客関係性マネジメント=実践的CRM に関するあらゆる基本がわかります。

内容(「BOOK」データベースより)

理論的背景から、現代の変化する市場と顧客へどのように適応をしていくかを研究者と9人の実務家が戦略的に論じた論文・事例集。早稲田大学ビジネススクールで実際に講義されているホットなトピックスを収録。

著者について

早稲田大学大学院商学研究科(ビジネススクール)教授。早稲田大学商学部卒、英ランカスター大学大学院修了(MBA)。広告会社勤務の後、外資系航空会社、消費財メーカー等においてマーケティング戦略の策定、実施に携わる。早稲田大学博士(学術)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

木村/達也
早稲田大学大学院商学研究科(ビジネススクール)教授。早稲田大学商学部卒、英ランカスター大学大学院修了(MBA)。広告会社勤務の後、外資系航空会社、消費財メーカー等においてマーケティング戦略の策定、実施に携わる。早稲田大学博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Continue reading “実践CRM -進化する顧客関係性マネジメント-” »

僕たちは、地味な起業で食っていく。

僕たちは、地味な起業で食っていく。 今の会社にいても、辞めても一生食いっぱぐれない最強の生存戦略

著者:田中祐一、村山宇希 … 

派手な起業が多い中、「地味」こそが生き抜く道。派手な用に見えている起業も元々はシンプルなところから始まった。納得。(Inobe.Shion)

図書館、起業家、スタートアップ、

内容紹介

「今いる会社で働き続けるか? 転職して他の会社に行くか? 」
「どんなキャリアが自分に合っているのか? 」
「このまま、会社にいるしかないのか? 」

今、そんな悩みや焦りを感じているあなた。

特に「やりたいこと」や「まとまったお金」、
「明確なビジョン」がなくても、
他のどんな働き方よりも安パイに
経済的に自立できるすごい働き方があります。

それが「地味な起業」です。

皆さんが知っている「起業」は「派手な起業」。

資金もいれば、人より抜きんでたスキル、
人脈、才能、ビジネスモデル…… 。
色々ないと、できません。

一方「地味な起業」に必要なものは、
スマホとP C 、あとはちょっとの「素直さ」。
これだけ。

「地味な起業」は、
あなたが普段やっていることをお金に変える働き方。

これで、今ある不安が消えて、
あなたの人生に「本物の安定」が訪れます。
さあ、一歩踏み出していきましょう。

転職、副業、独立…
すべてが「リスク」になる時代の、最強の生存戦略!

目次
序章 「地味なスキル」を武器にすれば、個人の「市場価値」は最大になる

・「会社」はもう、「個人」を守ってくれない
・どんなキャリアを選んでも一生ブレない「自分軸」を見つけよう
・会社員の99%が気づかない転職のリスク
・貯金、やりたいこと、ビジョン……全部なしでも経済的に自立する裏ワザ
・超地味な会社員だった僕が、経済的自立をかなえるまで
・「どんなに優秀な人材でも、会社で5年働けば『ただの人』になる」
・「実績」「スキル」に頼るほど稼げない
・市場価値=「手伝ってください」と言われる力
・これからは、「好きなこと」「得意なこと」がない人ほど稼げる時代

第1章 「地味な起業」の考え方
~一生食えて、本当に納得できる仕事の見つけ方~

・「自分が主役」になる必要はない
・相手の「○○できない」が資産になる
・資格、実績、肩書はいらない
・「○○屋さん」にならなくていい
・「資金0円」で、今日からできる
・発信力、影響力はゼロでいい
・投資、アフィリエイトよりも楽ちん
・「受け身」でいるほどうまくいく

【COLUMN1】会社を辞めるリスクなしで、収入が急上昇した
―石原愛子さん 女性・30代.SE

第2章 「地味な起業」をやってみよう
~ひとりひとりにフィットする稼ぎの小ネタ実例集~

1、地味な起業の始め方

たった10秒! 見るだけで自分にぴったりの働き方が見つかる「地味な起業」スタートアップ診断

◎マネジメント系

・Excelで数値管理
・システム設定代行
・広告代行

◎クリエイティブ系

・画像作成
・プレゼン資料作成
・スマホ動画作成
・WEBページ作成&ディレクション
・ライティング代行

◎コミュニケーション系

・電話対応
・LINE返信対応
・セミナーリサーチ
・セミナー・イベント運営
・秘書業務

2、「地味な起業」を加速させる

・自分探しより本当に得意なことが見つかる
・リモートワークは「三種の神器」でマスターできる
・「小さな仕事」ほど大きく育つ

【COLUMN2】「得意なこと」がなくてもサクッと経済的に自立できた
―大脇茂佐さん 男性・30代・プロデューサー

第3章 あなたに「資産価値」を見出すビジネスパートナーとの出会い方
~今の会社にいても、辞めても「指名され続ける人」になるヒント~

【LEVEL1】起業家、有名人などのブログ、メルマガに登録

・オンラインのつながりが生涯年収を爆上げさせる
・「いい仕事」ほどブログやメルマガで採用募集している
・「メルマガ返信」、「いいね! 」が少ない投稿へのリアクションで、
好印象を植え付けろ

【LEVEL2】クラウドソーシングサービスを活用する

・「非・対面式」の仕事が9割
・小さく始めて、「単価」を最大化させるコツ

【LEVEL3】「在宅業務仲介サービス」に登録する

・「土日だけ」「夜だけ」……都合に合わせて自由に働ける
・お金よりも、選択できるキャリアを選べ

【LEVEL4】イベント、セミナー、オンラインサロンに参加する

・「好きなことをビジネスにする」→「好きな人のビジネスを応援する」
・資産価値は目先の「利益」より遠くの「信用」

【COLUMN3】やりたいことがない」は、成功とは無関係
―朝田哲朗さん 男性・30代・起業家

第4章 仕事相手との信頼関係を深める神ワザコミュニケーション
~生涯年収を決める「信用」の貯め方~

・「地味な起業の仕事=出会いの人数×信頼関係の深さ×提案数」
・どんな相手からも「また会いたい! 」と思われるちょっとしたコツ
・「人間観察」だけで仕事の提案力は上がる
・「深掘り質問」で、提案内容を把握しよう
・「お金」よりも「経験」を買え

【COLUMN4】「地味な起業」は、定年後のお金の不安を解決してくれた
―篠原由紀子さん 50代・女性・業務企画

第5章 未来のキャリアが自在になる「自分軸」の作り方
~会社内で培ってきたスキルを、会社外でお金に変える方法~

・「自分のため」に頑張れない人こそが、トップスピードで成長する
・人生を変える魔法の杖「売れる力」
・「超ロングスパン」でキャリアプランを立てよう
・普通の人だから選べる史上最強のキャリア戦略

おわりに

Continue reading “僕たちは、地味な起業で食っていく。” »

ビジネスモデル×仕事術

ビジネスモデル×仕事術

著者:細谷 功、井上 和幸、西本 伸行 … 

ビジネスモデルを整理した本はこれまでにもいろいろとありましたが、それと「仕事術」を絡めたのがこの本の新しい視点でしょう。そのあたりを見ていきたいと思います。2014年に上梓された本ですが、残念ながらすでに絶版のようです。(Inobe.Shion)

File:Challenge vs skill jp.svg

 

内容紹介

◎「ビジネスモデル」とは、企業が収益を上げ、競争力を維持するための仕組みを類型化したもの。
しかし、グローバル化・IT化の中で生き残り競争が厳しいのは、個々のビジネスパーソンも同じです。

◎本書では、定番から最先端のものまで、ビジネスモデルを20取り上げて、その仕組みをやさしく紹介するとともに、
それらを個人の仕事・キャリア戦略に活かす方法を解説しました。
「完成前に提出する β版モデルの仕事術」「際立ったもので人をひきつける特売品モデル」など、
ビジネスマン個々が「稼ぎ続ける自分」になるために知っておきたいヒントが満載です。

内容(「BOOK」データベースより)

仕事の効率化、キャリアアップなど、自分の仕事やキャリアで活かすヒントを紹介。新規事業をはじめたい人、起業したい人のために、ビジネスモデルの概要と、上手な「使い方」を解説。20のビジネスモデルの使い方。

Continue reading “ビジネスモデル×仕事術” »

いちばんやさしい新しいSEOの教本

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方[MFI対応] (「いちばんやさしい教本」シリーズ)

著者:安川 洋、江沢真紀、村山佑介

ひょんなことからデジタル・マーケティングも担当することになってしまいまして、勉強してみます。(Inobe.Shion)

「SEO」の画像検索結果

内容紹介

SEO入門の定番書を最新環境に合わせてリニューアル!

「今まで何冊もSEOの本を読みましたが、正統派のSEOの思想が理解出来る一番良質な内容でした」
「セミナー形式で書かれているので、自社サイトに当てはめて作業することができました」
「こんなに洗いざらいノウハウを体系だてて載せていいのか! ?と心配するくらい満足のいく内容でした。」
「何か困った時にバイブル的に活用できる1冊です。」
(以上、前書のAmazonカスタマーレビューより抜粋)

SEO(検索エンジン最適化)とは、
「検索結果の上位にサイトを表示すること」ではありません。
「訪問者の目的に応えるサイトを作ること」です。
そのために、対策すべきキーワードを選定し、
サイトの構造を整えることが大切なのです。

経験豊富な講師陣が、実践的なノウハウを
「なぜそうするべきなのか」から
やさしく丁寧に解説してくれます。

はじめてSEOを学ぶ人に最適な1冊です。

◆前書をお持ちの方へ
GoogleのアップデートやSEOのトレンドに合わせて、
以下のポイントを強化しています。ぜひご再読ください。

【読みやすさ】
B5版240ページ→A5版256ページに変更。持ちやすいサイズになりました

【新機能対応】
モバイル関連の章を新設。Googleの「モバイルフレンドリー」
「MFI(モバイルファーストインデックス)」などへの対応方法を書き下ろしました

【全面見直し】
時流に合わなくなった内容は削除して、既存部分の解説もさらにわかりやすく練り直しています

◆こんな方におすすめです
・企業のWeb担当者になったばかりの人
・個人運営のサイトやブログをステップアップしたい人
・より高い成果を生み出すためのヒントやアイデアがほしい人
・モバイル環境でどこが変わってどこが変わらないかを知りたい人
・SEOの概念だけでなく「実践」に本気で取り組みたい人

Continue reading “いちばんやさしい新しいSEOの教本” »

無敵の転職

無敵の転職

著者:森本千賀子 ….

転職するまでの面接対策の本などはたくさんあるのですが、転職後どうやったらスムーズに新しい環境になじんでいけるかという本は極めて少ないのをご存知でしょうか? 1冊良書がありますが、それもkindleでしか手に入らないのです。初めての転職の時は大きなカルチャーショックを受けますが、そのショックを緩和する方法は事前の武装しかないのです。(Inobe.Shion)
内容紹介

“納得の一社”の内定を勝ち取り、新しい職場で活躍するための心得を、企業の本音を知り尽くした転職請負人が伝授する。面接~入社直後を乗り切る具体的な方法を、転職のプロが実体験をもとに具体的にわかりやすく解説していく。著者はNHKプロフェッショナル仕事の流儀「会社も、人も、もっと輝ける~転職エージェント 森本 千賀子」に出演した転職成功のプロフェッショナル。

内容(「BOOK」データベースより)

入社後にどうすれば活躍できるか?それを知っている人が、成功を引き寄せるんです。

Continue reading “無敵の転職” »

データ分析チームの作り方

データ分析チームの作り方

著者:中澤公貴

内容紹介

日本でもAIドリブン企業を目指す企業が増えてきている。そのためには、データをうまく経営に生かすための「分析チーム」が必須だが、国内ではその作り方についての成功事例も少なく、手探り状態のところが多いのが現状だ。

本書では、最先端のテクノロジー企業が集まるシリコンバレーで、データ解析の現場とチーム運営のベストプラクティスを見てきた著者が、データ分析チームの作り方を伝授! 特に第3章では、チーム立ち上げについて、次の6つのステップの順に解説している。
1経営陣によるデータやAI 活用のコミットメントを確認
2チームの責任者(データサイエンティスト)の採用
3横串の分析チームを立ち上げる
4データエンジニアの採用
53人目以降はビジネスに応じた人選を
6解析課題の多様化によるチームの細分化
本書で紹介するチームの立ち上げ方法は小さく始められる方法なので、資金的に余裕のある大企業だけでなく、中小企業やスタートアップでも活用可能となっている。

さらに巻末には、先進的にデータやAI活用に取り組み、ハイパフォーミングな分析チームを運営する企業の成功事例も掲載。チーム立ち上げの経緯やチームを成熟させるための日々の取り組み、事業部との連携など、これからチーム立ち上げを考えている企業や、立ち上げに着手しているが、もっといいやり方はないか模索している企業などにとって大いに参考になるだろう。
まさに、分析チーム作りのエッセンスを凝縮した一冊となっている。

内容(「BOOK」データベースより)

ビジネスの課題をデータで解決。リブセンス、オマダ・ヘルスなど日米の成功事例も掲載。本書で紹介する分析チームの立ち上げ方法は、小さく始められるため、中小企業やスタートアップから大企業まで、様々なステージの組織で活用可能です。

Continue reading “データ分析チームの作り方” »

GISマーケティングのすべて

監修:平下 治 … 

内容紹介

企業経営におけるGIS(地理情報システム)の活用法を、大手・中小企業10社以上の詳細な事例記事で紹介します。エリアマーケティングに欠かせない“戦略マップ”の作り方から、実務に直結する資料まで豊富な図表を交えてわかりやすく解説。一般企業の販促部門や企画部門の担当者、およびGISでビジネスをするITベンダー営業担当者必読のGIS解説本の決定版です。

内容(「MARC」データベースより)

企業経営におけるGIS(地理情報システム)の潜在的な可能性を10社以上の詳細な事例記事で紹介。実践ノウハウを盛り込んだGIS読本の決定版。各種アプリケーション・ソフト、地図データ、統計データなどもリストアップ。

Continue reading “GISマーケティングのすべて” »

「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方

「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方

著者:松本 利明 … 

スラッシャーという言葉ご存知ですか。これまで私は、スラッシュメタルの好きな人のことを呼んでましたので、それを払拭しないと。正解については、下の方に記述しておりますので是非ご覧ください。ちなみに私もスラッシャーです。(Inobe.Shion)

「weapon」の画像検索結果

内容紹介

市場価値に左右されない、「自分の価値」の組み立て方を解説した話題書!

著者は、PwC、マーサー、アクセンチュアといった世界的な外資系コンサルティング会社で5万人以上のクビ切りを手伝い、その一方で、6500人を超えるリーダー、幹部社員を選抜してきた「人の目利き」

「いつでも転職できる」という武器を持っていれば、仕事は今よりずっと楽しく、ラクになる!

転職のテクニックだけでは先はありません。
「会社」「時代」「人」に左右されず、大企業、ベンチャー、副業、自由自在に、自分らしく稼ぎ、活躍できるようになる1冊。

目次
1章「日本の転職」の前提が全て変わってしまった
・問1 売りになる強みや実績がみつかりません
・問2 残るべきかが、わかりません
・問3 「やりたいこと」や「好きなこと」で稼げますか?
・問4 「自分の市場価値」はどうすればわかりますか?
・問5 その会社で本当に活躍できるか自信がありません

2章 自分軸にあった市場を見極める
・自分軸の「市場」はフェーズ×場所で決まる
・市場の見極め方を知る
・場所別、市場価値のあげ方はこれだ

3章 自分軸で売れるキャラを確立する
・「自分のキャラ」の組み立て方を知る
・キャラの「素」を組み合わせよう

4章 自分軸で市場価値をつくれるようになる
・「大人の自己紹介」があなたの市場価値をあげる
・オリジナルな提供価値は資質に沿って設定する
・実績が十分でない時は、「やれそうだ!」という安心感を醸し出す

5章 自分軸で強くなる――転職しない時にやり続けること
・スキルは3階建てで組み替え
・ポータブルスキルの身に付けかたを知る

6章 永久保存版 自分軸で活躍する判断基準を身に付ける
・転職先を見切る基準を知る
・タイミングを見切る

内容(「BOOK」データベースより)

転職、キャリア、働き方での「モヤモヤ」や不安を一気に解消!今の自分に市場価値はあるのか?自分の好きなことで稼げるのか?世の中で認められるようになるのか?自分の価値をアップデートし続けていけるのか?あなたらしく評価され、認められ、ちゃんと稼げるようになるための「これからのセオリー」。

Continue reading “「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方” »

ハピネス・カーブ 人生は50代で必ず好転する

ハピネス・カーブ 人生は50代で必ず好転する

著者:ジョナサン・ラウシュ … 

トマス・コールの「人生の航路」という絵画作品のお話から始まります。(Inobe.Shion)

内容紹介

これは「中年の危機」? 苦しいのはあなただけではない。

「人生、このままでいいのか?」という焦燥感に
ブルッキングス研究所のシニアフェローが科学で迫る。

「ハピネス・カーブ」に学ぶ中年期の幸福感。全米話題の書。

ハピネス・カーブにどのように対処するかは、社会的な問題でもある。人間がひとりだけで、個人的に、頭の中だけで対処できるものではないからだ。社会からのサポートが必要になる。中年や老年について社会全体の考え方を変える必要もあるし、赤いスポーツカーを乗り回す偏屈な老人の姿は痛々しい、といったような考え方は捨てなければならない。社会は、中年期特有の谷底にいる人たちを揶揄するのではなく、手をさしのべなくてはならない。(1章「人生の航路」より一部抜粋)
内容(「BOOK」データベースより)
これは「中年の危機」?苦しいのはあなただけではない。「人生、このままでいいのか?」という焦燥感にブルッキングス研究所のシニアフェローが科学で迫る。全米話題の書。

Continue reading “ハピネス・カーブ 人生は50代で必ず好転する” »