眦…まなじり


眦 「まなじり」と読むそうです。初めて知りました。

使い方としては、「まなじりを決して」というような使い方をするようなのですが、意味は下記のとおりです。

目を大きく見開く。怒ったり、決意したりするさま。眦を裂く。「―・して立ち向かう」
(意義)勇気をもって行うさま
(類語) 勇んで ・ 勇敢に ・ 勇を鼓して ・ 果敢に ・ 勇気りんりんで ・ 勇気を奮い立たせて ・ 意を決して 

この言葉、個人的にはガツンと来たというか、、、
ここぞ、というときには、眦を決して意義を訴えていけるようなそういう意思を持っていろいろなことに立ち向かっていきたいと思わされました。

以前、「矜持」という言葉を聞いた時も痺れたのですが、たまに未だ知らないすごい言葉で出会うことがあって、無知な自分を思い知らされます。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください