視野・視座・視点

物事の見方については、次の3つの観点が必要である。
三省堂 大辞林 第三版によると次のように書かれている。

視野
① 一点に視線を固定したままの状態で見ることのできる範囲。視界。 「全景を-におさめる」
② 望遠鏡・顕微鏡などで像の見える範囲。
③ 思慮や判断の及ぶ範囲。識見。 「広い-から判断する」
④ 起こりうる可能性として考慮すべき範囲。 「交渉再開も-に入れる」
視座
ものを認識する立場。視点。 → 視座構造
視点
①物事を観察する立場。観点。 「 -を変えるといい考えが浮かぶ」
②遠近法で、投射線(視線)が集まる画面の特定の一点(目の位置)。

Continue reading “視野・視座・視点” »