デフレーミング戦略

著者:高木 聡一郎 … 

面白い見方です。内容的には、本文を通して、何度も同じことが書かれていたりもしますが、それはそれで理解が深まるところでもあり、逆に良いのかもしれません。(Inobe.Shion)

「frame」の画像検索結果

内容紹介

本書の目的は、「デフレーミング」という概念でデジタル化がビジネスや経済に与える本質的な影響を明らかにすることです。

「デフレーミング」とは、枠(フレーム)が崩壊するという意味の造語。デジタル技術が社会経済に与える影響を理解するための共通的なフレームワークとして、ビジネスモデル、企業のビジネス戦略から、私たちの働き方、キャリア設計、学び方にいたるまで、あらゆる変化をとらえる鍵となります。

デフレーミング戦略とは、伝統的な製品、サービス、組織などの「枠」を越えて、それらの内部要素をデジタル技術で組み直すことで、ユーザーにより最適化されたサービスを提供できるようにすること。従来の「サービス」や「組織」といった「枠」がなくなる時代に、万人に受けるパッケージ化されたものから、ユーザーに個別最適化されたものに転換させ、企業という枠で仕事を受発注するのではなく、個人のスキルやリソースを個別に特定して取引するビジネスの考え方です。

本書では、その様々な現象や事例を通じて、今後のビジネスやサービスの変化を考察するとともに、近年クローズアップされている「デジタル・トランスフォーメーション」(DX)についても、それが社会に与える深い影響を、明らかにします。

【本書に出てくるトピック、キーワード】
・デフレーミングというフレームワーク
・デジタル・トランスフォーメーション
・GAFAの今後の展開
・アリババ、テンセント、LINE、WeChat、Instagram、美団、ZOZO
・個人の信用経済と決済、電子マネー
・プライバシー問題
など

内容(「BOOK」データベースより)

デジタル・トランスフォーメーションの時代には、既存のビジネスの「分解と組み換え」が価値を創出する。進化する中国市場、キャッシュレス経済、ブロックチェーンなど「個人化」の動向を読み解く。

Continue reading “デフレーミング戦略” »

超訳 ダ・ヴィンチ・ノート

超訳 ダ・ヴィンチ・ノート

著者:桜川Daヴィんち … 

まさに超訳。これは読みやすい。(Inobe.Shion)

「da vinci」の画像検索結果

 

内容紹

樺沢紫苑氏 (『アウトプット大全』『インプット大全』著者)、大推薦
「天才脳の秘密が明かされる。
これは、AI時代を生き残るサバイバル本だ! 」

発売たちまち重版!
RADIO DONUTS(J-WAVE)、プレジデントオンラインなど
メディアでも紹介された今話題の1冊です!

ナポレオンも、ビル・ゲイツも、貪り読んだ!
「地球史上、最も重要なノート」に書かれた思考法と仕事術とは。
レオナルド・ダ・ヴィンチが書き残した膨大な手稿8000ページを読み解き、
知るだけで人生が変わる方法論として体系化!

あなたの知らなかった、「最強のビジネスパーソン」ダ・ヴィンチの、
超実践的ルール集。
「没頭のみが輝かしい未来を開く」
「勝者とは、始める人ではなく続けた人のこと」
「よく考えない人は、誤ることが多い」
「好きなことしか身につかない」
「パーフェクト・ロールモデルを持て」
「イノベーションではなく、リノベーションで生み出せ」
「まず映像を頭に浮かべて、それについて話せ」
「会話では共感だけを意識せよ」
「メモ魔になれ」
「自らサロンをつくり、熱く語れ」

没後500周年で脚光を浴びるダ・ヴィンチが教えてくれる、
驚くほど現代に通じる珠玉の知恵!
内容(「BOOK」データベースより)
ダ・ヴィンチが書き残した膨大な手稿8000ページを読み解き、知るだけで人生が劇的に変わる方法論として体系化!

Continue reading “超訳 ダ・ヴィンチ・ノート” »