「ベスト経済書2019」が発表されました!


経済学者や経営学者、エコノミスト107人が選んだ2019年の「ベスト経済書」

皆さんは何冊読まれたでしょうか?まだ読んでいなくて気になったのがあれば冬休みの間にでも手に取られてはいかがでしょうか?

1位 「家族の幸せ」の経済学

2位 資本主義と闘った男 宇沢弘文と経済学の世界

3位 生産性 誤解と真実

4位 グローバル・バリューチェーン 

5位 FACTFULNESS

詳しくはこちらをご覧ください。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください