転職大全 キャリアと年収を確実に上げる戦略バイブル


転職大全 キャリアと年収を確実に上げる戦略バイブル

著者:小林 毅 … 

転職のための「戦略バイブル」です。転職を天職にするためには目を通しておくべきでしょう。(Inobe.Shion)

「career change」の画像検索結果

内容紹介

この一冊で「進むべき道」と「まずやること」がわかる!

【絶対後悔しないための究極マニュアル】
・転職活動を何から始めれば良いか、知識がなくても簡単に理解できる。
・対話形式で、誰にも相談できないキャリアの不安を解消できる。
・キャリアアップ、キャリアダウンを事例で具体的にイメージできる。
・転職マーケットの構成を求人企業、紹介会社の視点で把握できる。
・自分=○○と語ることができるキャリアの重要性を図解で体感できる。
・キャリア理論、カウンセリング理論を基にした客観的エビデンス。

(目次)
プロローグ 転職が怖い理由

◆会社を辞めてからの転職は、キャリアダウンが待っている
◆転職した後悔としなかった後悔
◆自分を知り、転職市場を解し、策を練る

1 転職を考えたとき、まず何から始めるか

◆自分の強みと転職マーケットを知っていますか?
◆キャリアアップする転職とキャリアダウンする転職の分かれ道
◆他部署への異動は転職市場的には「死刑宣告」
◆まず、採用側の戦略を知る
◆求人情報をどう仕入れるか?
◆求人企業がこっそりと採用する訳
◆紹介会社のあなたの担当はコンサルタントか荷さばき人か

2 転職マーケットの生態系

◆給料が安いのはあなた個人の問題ではない
◆会社を辞めてまで取る価値のある資格はない
◆転職と独立開業、どっち?
◆「やりたい仕事」よりも「経験した仕事」に価値がある
◆転職で売れない人材を作り続ける日本企業
◆企業の成長ステージで欲しい人材は変わる
◆能力が高いのに落とされる人はパーソナリティが原因
◆転職活動3つの鉄則「自分を知る」「相手を知る」「対策を練る」

3 「なぜ自分は転職するのか」を理解する
◆「落とすことが仕事」の面接官には期待をするな
◆自分は○○の人と語れるかブランディング
◆ライフラインシートで自分の人生を振り返る
◆キャリア形成には「積み上げた感」が大切
◆自分は何に向いているのかを知るアセスメントツール

4 企業はどんな人を本当は求めているのか

◆求人票から企業の選考基準を見抜く
◆転職活動の武器となる自己効力感
◆大手企業は「いい人がいれば採用します」
◆20代・30代・40代の転職難易度と実情
◆長く働いたキャリアは信頼と実績となる
◆「会社は家族」をどこまで信じるべきか
◆転職マーケットで選別される3つの人材型キャリア

5 戦える職務経歴書を作り上げる

◆職務経歴書で自分をどう見せるかを考える
◆職務経歴書の目的は会いたいと思わせること
◆職務経歴書の1ページ目は一番見せたいキャリアを記載する
◆自己紹介欄は面接への前フリ
◆脚色できる「過去」は話半分に見られている
◆面接官目線を意識する
◆経験と実績を意識する内的キャリアと外的キャリア
◆長所は裏付けるエビデンスと短所は改善すべき課題とともに語る
◆一つの職務経歴書を使いまわした方がいい理由

6 面接という戦場で勝つための戦術

◆応募先は「転職の目的」で選択と集中する
◆数を競わず理想の1社から内定が出ることだけ考える
◆同時進行の採用活動における後悔しない賢い駆け引き
◆転職活動では必ず揺れるときがある
◆求人票だけを信じるな! 応募前に自分で確認すべき事項
◆面接=戦場。手ぶらで行くな
◆第一印象は大切。余計な情報を与えないこと
◆職務経歴書の印象よりも本人が良い人材である演出
◆採用目前でも一転NGもありうる質問コーナーの重要性
◆なぜ、面接時間は長いほうが結果を期待できるのか
◆外資系希望なら知っておきたいリファレンスチェック
◆面接でも過去・現在・未来という流れを意識する
◆内定条件は必ず文書で確認せよ

エピローグ 転職後に陥るジレンマ
内容(「BOOK」データベースより)
転職活動を何から始めれば良いか、知識がなくても簡単に理解できる。対話形式で、誰にも相談できないキャリアの不安を解消できる。キャリアアップ、キャリアダウンを事例で具体的にイメージできる。転職マーケットの構成を求人企業、紹介会社の視点で把握できる。自分=○○と語ることができるキャリアの重要性を図解で体感できる。キャリア理論、カウンセリング理論を基にした客観的エビデンス。絶対後悔しないための究極マニュアル。

これは素晴らしい!

初めての転職をされる方の不安を払しょくしてくれること間違いなしです。

「計画された偶発性理論」
クランボルツのキャリア理論:
「偶発の出来事は、人のキャリアに大きな影響力を及ぼし、かつ、望ましいもの」という考え方

次の5つのスキルが必要(作者の場合)

  1. 好奇心:新しい職場、仕事、関係者との出会いを楽しんだ
  2. 持続性:3カ月で人が辞めていく環境で4年働き、最後には古株になっていた
  3. 柔軟性:多様な国籍の文化、慣習、価値観を受け入れてきた
  4. 楽観性」何とかなる、という気持ちはいつもどこかにあった
  5. 冒険心(リスクテーキング):フルコミッションの給与体系で実績を上げ続け、利益を享受できた

ここにもありますが、結局はしっかり準備をしておくことに尽きると思います。これからはいつ、肩をたたかれてもおかしくない時代になっていますので、「備えあれば憂いなし」です。準備をしっかりとしておくことが何よりも大切です。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください