「定年」が「退職」でなくなる⁉


ここ何年か前から、「人生100年時代」と言われていますが、そうなると、確かに「定年」は次の人生のスタートで、「退職」となることはなくなってくるんでしょうねぇ・・・・。

一般的には「定年退職」という言葉が使われることが多い。その理由は、これまで多くの人が終身雇用制で長く同じ企業で働き、「定年」を迎えることはすなわち「退職」を意味したからだろう。

確かに「定年」と「退職」はこれまではセットでした。しかしこれからはセットではなくなってきます。

「定年」とはこれまでの雇用契約の解除であって、社会からの退出を意味するものではない。一度きりの人生を充実させるためにも、年齢にかかわらず、自らの能力を社会のなかで活かし続けられる「生涯現役社会」の実現が重要ではないだろうか。

それしかないですよね。そのつもりで準備ができているかどうかは大きな問題ですね。

記事の詳細はこちらになります。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください