名著『心理学的経営』からみる情報格差


ここに名著と呼ばれ、高額で売買されていた1冊があります。

しかしこの1冊・・・、amazonのオンデマンドで再販売され始めたんです。

つい先日までは、2,000円弱のものがMAX45,000円くらいでメルカリなどでは取引されていたのです。

そして、つい先日ですが、冒頭に書いたamazonのオンデマンド出版で販売開始されました。

そしてメルカリでは、これまで45,000円前後の本が、急に値崩れをして、28,000円などで売られているのです。ですが、この28,000円はこの再発の情報をゲットした人たちのようだと思われます。どうかと思いますが・・・ルール的にはOK。

再発の情報を知らないと、定価の10倍以上の値段で買ってしまうわけなのです。まさに情報ディバイドです。

急な投入が行われたりすると、何かが起こっているということで検索等で情報を突き止めるようにしていってほしいです。

今回でいうと、急に新品で安い(と言っても高いですが・・・)商品が投入され始めた。
→こんなことはある訳がない。
→何かが起こっていそうだ、詳細調査が必要。

という真因を掴んでいく訓練と習慣をつけて行く必要があります。

こちらの『心理学的経営』もまた廃版になる可能性もありますので、気になる方は、即ゲットをおススメいたします。

あらためて・・・

 

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください