衝撃!アメリカの貧富の差!


話には聞いていましたが、この事実を知ると愕然とします。

アメリカの貧富の差の話なのですが、アメリカの納税者のトップ1%の所得が国民所得に占める割合は、1980年に11%だったのが、今では20%を超えているというのです。

アメリカ人の下層半分を合計すると、その純資産はマイナスだというのです。

どんどん富の集中が起こっていて、リッチになっているのでは上位層だけで、中・下位に至ってはまったくそうではないようなのです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください