睡眠の法則


“仕事がデキるハイパフォーマーに共通する「睡眠の法則」”という記事がありましたので、ご紹介いたします。

●寝つき
ベッドに入ってから3分から10分くらいの時間をかけて、微睡みを感じながら徐々に眠るのが、理想的な寝つき方になります。

●寝だめをしない
私たちの体内時計は、起床して光を浴び始めたタイミングからスタートをするため、週末の寝だめは体内時計を後退させてしまい、月曜日には身体はまだ寝ているのだけれど起きなければならないという、いわゆる“ブルーマンデー”を誘発させます。

●仮眠の活用
仮眠は午後の生産性をあげるためにとても有効な手段。カフェインは睡眠誘発物質が脳に作用するのをブロックしているだけであり、眠気の根本原因は解消されないので、無意識のパフォーマンス低下やケアレスミスなどが起きやすくなってしまいます。根本的な解決には、仮眠をするのがベストなのです。

●本睡眠の前はできる限り眠らない
帰宅時の電車の中などでの居眠りは、夜の本睡眠に悪影響を及ぼします。私たちの睡眠はバネの原理にも似ており、起きている時間が多いほど、眠るための力(睡眠の恒常性、睡眠圧力ともいわれます)は蓄積するからです。これを解消するためには、できる限り本睡眠の前(個人差はあるが少なくとも6時間前くらいから)は眠らないようにすることが大切です。

これらをうまく活用して心地良い睡眠を捻出行きたいですね。

記事の詳細は、こちらをご覧ください。

(気に入ったら投票をお願いします!)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください