採用面接、重要なこと。


これはなかなか興味深いです。「ちょうどよい」の見極めはどうすればいいのでしょうね?

何のことを言っているかというと・・・

結局は、その面接では、話し過ぎても、話し足らなくても、よろしくないということのようなのです。

話す量が多い:
話し過ぎると、必死になっている、自信過剰でうぬぼれている、緊張していると思われかねない。話し過ぎることが危険な理由の一つは、時間がなくなってしまうからだ。

話す量が少ない:
話す量が少な過ぎて短く答えてしまっている場合、熱意や自信がない、あるいは閉鎖的で控えめだという印象を与えてしまいかねない。

というようなことのようです。とはいえ、難しすぎますよね、適切な量って・・・。

詳しい記事の内容はこちらになります。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください