「ノー」と言う方法


なかなか上司から何かを頼まれると「ノー」と言えないですよね。

関係を悪化させるに「ノー」という方法がこちらに書かれていますので、ご紹介いたします。

まず非常に本質的なことが書かれていて、上司の求めているところは、「その仕事を終わらせたい」ということ。

なので、「その仕事を終わらせたい」がために私を指名したということということが書かれています。

なので、
①代替案を提示する
→他の方法、ふさわしい依頼者や協力者などを提案
②他の取り掛かっている仕事との優先順位を判断してもらう
→必要であれば、新しい仕事を受ける

またその際は、電話か対面で行うべきでメールでするべきではないと書かれいています。メールでのノーはご法度だと書かれています。これは確かにそうですね。

結局は、上司の目的「その仕事を終わらせたい」ということに対して、前向きな態度を示せば問題ないということですね。これは非常にシンプルですが、依頼されるとその依頼事項が大きくのしかかるので忘れがちです。常にその視点で上司とかかわっていかねばなりませんし、部下にもそのことを教えていかないといけません。

記事の詳細は、こちらになります。
気になる方はご一読ください。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください