もっと簡単で確実にふやせる 最新版 さし木・つぎ木・とり木


もっと簡単で確実にふやせる 最新版 さし木・つぎ木・とり木

著者:高柳良夫

こういった普段読まない本を読むと本当に感心することしきりです。私自身、バラをたくさん育てているのですが、こんな風にしたらもっと増やせるんですね。いくつか不本意ながら枯らしてしまった種類もあるのであらかじめ増やしておくと途絶えさせずにいけるんでしょうね。(Inobe.Shion)

「接ぎ木」の画像検索結果

内容紹介

2005年刊行のロングセラーをオールカラーに増補改訂した最新版。
家庭で人気の142種について、その植物にあったふやし方をそれぞれ紹介。さし木・つぎ木・とり木のほかに株分けや実生(種まき)のしかたもイラストや写真で掲載しています。
新しい簡単な芽つぎの方法を収録したほか、栽培カレンダーに施肥のタイミングを追加したりと、より充実した内容となっています。

出版社からのコメント

2005年に刊行し、14刷のロングセラーとなった『さし木・つぎ木・とり木』の最新版です。47の樹種を追加し、140種類以上の落葉樹、常緑樹、果樹、観葉植物、花やハーブのふやし方を、写真とイラストで解説。読者のみなさんからお問い合わせのあった、施肥の時期について栽培カレンダーに追加しました。
また、監修者の矢端さんが実際に取り組んでいらっしゃる実生や交配、果樹のつぎ木のお話なども、興味深くお読みいただけると思います。

植物の増やし方には、

・さし木
・つぎ木
・とり木
・株分け
・実生

などがあるようなのですが、それぞれの植物について適した増やし方を丁寧にカラーで解説してくれています。

ベストセラーの最新版ということで納得の内容でした。

私の好きな薔薇についても書かれて、さし木もつぎ木もいけるようです。当然、実生(タネ)もいけるとのことです。

またつぎ木は以前は難しかったのですが、セルパラテープというのがあってそれを使うと初心者でも比較的うまくいくように書かれています。

一度、チャレンジしてみようかと思っています。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください