心に残る映画

私のフェイバリットムービーのひとつである『ショーシャンクの空に』を久しぶりに見ました。

心に響く言葉・・・メモしておきたいと思います。

主人公のアンディーのセリフ・・・いいのがたくさんあります。

Hope is a good thing, maybe the best of things. And no good thing ever dies.
訳)希望は良いものだ。多分一番のものだ。良いものは決してなくならない。

Get busy livin’ or get busy dyin’.
訳)必死に生きるか・・・それとも、死ぬか・・・

刑務所の中の言葉は、かなり汚いものも多いですが、素敵な心に響く言葉がたくさんある映画です。

原作はスティーブン・キングなんですが、彼の守備範囲は本当に広いですね。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください