一隅を照らす、 これ則ち国宝なり


この言葉は、天台宗の宗祖である最澄(767-822)の言葉です。

一隅は「いちぐう」と読みます。

意味は、次の通りです。

「それぞれの立場で精一杯努力する人はみんな、 何者にも代えがたい大事な国の宝である」 

会社の中でも、1人1人が自分自身の置かれたその場所で、精一杯努力すれば、その積み重ねが大きなものになることでしょう。

また、「照らす」とあるのは、周りも照らして、皆幸せになるということに繋がっていくのでしょう。

ふとこの言葉に出会ったので、ブログに上げました。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください