大切な若干の距離


部下とは適切な距離を取ることは非常に大事なことです。近すぎることの弊害が書かれています。

それは、大きくは下記の2つと書かれています。

まずひとつは、
1.えこひいきと受けとられる

そしてもうひとつは、
2.必要な時に是正措置が取れなくなる

特に2については、その部下の将来のためによくありません。しっかりと叱るべきところは叱るということをしていかないと大切な成長の機会を逸してしまうことになりかねません。

そこはしっかりとけじめをつけていかなければならないですし、実際に部下もそのことは理解してくれるものだと思います。逆に毅然とすべきところはしないと、大切な関係が崩れていくかもしれません。

詳しくはこちらをご覧ください。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください