食べ過ぎを招くドーパミン


ついつい食べ過ぎてしまうメカニズム・・・

テーブルに着席して、おいしそうな食事をまず何度か口に運ぶ──この最初の数口が、脳内でドーパミンを否応なしに放出させる引き金であることが、新たな研究からわかった。

ごちそうを前に食欲に歯止めをかけるのは難しいが、その理由は、何度も繰り返されるこの「快楽のサイクル」で説明がつく模様だ。

さて、どう回避するのがいいのでしょうか・・・

どうやら、ドーパミンは、

「1度目のドーパミン放出は、報酬と知覚に関連した脳領域で起きるが、(食べ物を)摂取したあとの放出は、報酬と知覚よりも高次な「認知」機能に関係した別の領域でも起きた」

ドーパミンは、2回放出されるようです。

私たちの自制心を日ごろから打ち砕く有力な脳内物質(ドーパミン)が、1度どころか2度も大量に放出されることで、私たちの食欲は煽られているということです。ごちそうを前にした時は、その点を念頭におくということが大事とのことです。

詳しくはこちらをご覧ください。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください