医師はバリウムを飲まない!?


私も以前、逆流性食道炎やピロリ菌などにもやられてまして(笑)、医師から「バリウムだといつも引っ掛かりますよ」と言われてますので、ここ何年もバリウムは飲んでいません。プラス分を払って、カメラを飲んでます。

さて、タイトルの医師はバリウムを飲まない理由は何なのでしょう?

極めて早期の胃がんは、粘膜面に明らかな凹凸を作らないことがしばしばあり、バリウム検査では発見が困難。

  • 極めて早期の胃がんは、粘膜面に明らかな凹凸を作らないことがしばしばあり、バリウム検査では発見が困難。
  • 検査のために飲み込んだバリウムにより便秘になってしまうことがある。
  • バリウム検査ではある程度の放射線被ばくも避けられない。

しかし、胃カメラの負担もだいぶ楽になっていますし、2016年には厚労省の指針が改定され、胃がん検診として胃バリウム検査に代わりに胃内視鏡検査が選択できるようになっているとのことです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください