価格戦略


とあるセミナーで聴いたのですが、価格の表示順の話です。ある寄付金の例だそうです・・・。

「price」の画像検索結果

【パターンA】
1000円
3000円
5000円

【パターンB】
5000円
3000円
1000円

という場合、どちらがどうだったでしょうか?

なんと【パターンA】だと1000円が多かったようなのですが、【パターンB】の場合は、3000円が多くなったとのこと。

これは興味深いです。

価格自体をどうするかということだけでなく、表示の仕方だけでも変わってくるということ・・・これは答申のときなども選択肢をどれから説明するか・・・この順番をどうするかもテクニックとして活かせそうですね。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください