理論と実践 中小企業のマネジメント


理論と実践 中小企業のマネジメント

著者:安達 明久,石井 康夫,竹安 数博,山下 裕丈

中小企業を取り巻く問題を包括的に学べる書というのが一番内容を言い当てているように思います。(Inobe.Shion)

「small business」の画像検索結果

内容紹介

中小企業でこそ可能となる事業創造の領域があり、また中小企業が経済社会の発展に不可欠な存在であることから、中小企業と事業創造のマネジメントを一体のものとして論じたテキスト。

内容(「BOOK」データベースより)

「中小企業論」と「事業創造論」を一体的に取り扱った基本テキスト。実務家教員ならではの実務に即した内容。豊富な事例を用いて詳細かつ平易に解説。

中小企業白書をベースに一般的な経営関連の情報を絡めながら、中小企業にまつわるカテゴリーを網羅しています。

おもしろい切り口としては、第Ⅰ部として「中小企業論」、第Ⅱ部で「事業創造論」として整理しているところだと思います。

ただ、教科書を意識しているのか、あまり主張を感じない事実や既存の知識を組み合わせたレベルとなっています。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

(気に入ったら投票をお願いします!)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください