65歳以降どうなる??

これってどうなんでしょうね。
いったいどうなるって言うんですか⁉

①65歳からの年金支給は不可能という記事
②65歳以降、年金だけでは暮らせないという記事

ということですが、しっかりと資産の貯蓄をしておけということになるのでしょうが、毎月の少ない月給、なかなか上がらない年収のなかで、どうしろって言うんでしょう・・。

「老後」の画像検索結果

Continue reading “65歳以降どうなる??” »

「サイドハッスル」って聞いたことある?

「サイドハッスル」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
サイドハッスルというのは、本業とは違うビジネスをするということ。副業に近いと思いますが、完全なサイドビジネスである必要はないし、それほど稼いでいなくても構わないというスタンスで、サイドハッスルにとって重要なのは、あなたの個人的な成長、自己開発、起業家としての創造性のための活動のことを言うようです。

「side hustle」の画像検索結果

Continue reading “「サイドハッスル」って聞いたことある?” »

ビジネススクールで教えている会計思考77の常識

ビジネススクールで教えている会計思考77の常識

著者:西山 茂 … 

いままでも事あるごと(資格の試験とか・・・)で会計、財務諸表は勉強しましたが、いままでつっかえていたものが取れたような気がします。「覚える」というより「感覚的に感じ取る」というような会計、私的にはそんなふうに思わせてくれた書物でした。(Inobe.Shion)

「account」の画像検索結果

内容紹介

数字に強くなる。ビジネスモデルがわかる人になる。そのための「会計の常識」を集大成。
経営と会計のつながりを理解するための最適の入門書。
会計思考を深めていく題材として「ビジネスの定石」を取り上げ、
その死角や注意点も含めて、基本から解説。

[本書の目次]
第1章 ROE の向上
第2章 レバレッジの使い方
第3章 リスクの抑制
第4章 成長の持続
第5章 「良いものをより安く」の実現
第6章 コストの削減
第7章 「もったいない」という考え方
第8章 キャッシュフローの重視
第9章 M&Aとシナジー
第10章 「お客様は神様です」という考え方

それぞれの章では、日本の優良企業を具体例として取り上げています。
以下の会社をライバルと比較しながら分析します。
ソフトバンク、任天堂、ニトリ、トヨタ自動車、ファーストリテイリング、
日立製作所、カルビー、信越化学工業、ヤオコー、セブン&アイ

本書で学べば、次のような質問にスラスラ答えられるようになるでしょう。
[質問1]
ある商品を10%値引きすることにしました。
どれだけ販売個数が増えれば利益を伸ばせますか?
また、値引きと同じ効果がある代替案を挙げてください。

[質問2]
「無借金経営を目指すべき」という考えは正しいですか?
ソフトバンクと任天堂を例に説明してください。

著者について
西山 茂(にしやま・しげる)
早稲田大学ビジネススクール教授
早稲田大学政治経済学部卒。ペンシルバニア大学ウォートンスクールMBA修了。監査法人ト-マツ、(株)西山アソシエイツにて会計監査・企業買収支援・株式公開支援・企業研修などの業務を担当したのち、2002年から早稲田大学。2006年から現職。学術博士(早稲田大学)。公認会計士。主な著書に、『企業分析シナリオ第2版』『入門ビジネス・ファイナンス』(以上、東洋経済新報社)、『戦略管理会計改訂2版』(ダイヤモンド社)、
『出世したけりゃ会計・財務は一緒に学べ』(光文社新書)、『増補改訂版英文会計の基礎知識』(ジャパンタイムズ)、『ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門』(共著、日経BP社)などがある。

Continue reading “ビジネススクールで教えている会計思考77の常識” »