【MODELER TIPS】Essentials for R のダウンロードおよびインストール


先日、とある作業が終わったので、SPSS Modelerを18.0から18.1.1にバージョンアップすることにしました。

バージョンアップしたところ、新たにPythonのタブがデフォルトで入っていました。もしやと思って探しましたが、Rはありませんでした。

「R statistics」の画像検索結果

ということは、また「Essentials for R 」をセットしないといけないのか・・・ということで、セットしようと思いましたが、いつも苦労するので、備忘録を残しておきます。

18.1用の Essentials for Rのソースですが、何とこちらからダウンロードすることになります。

IBMのサイトで探してもないのではないでしょうか。まずここで躓いてしまいますが、まずはそこは下記から得られるのでクリアーです。

https://github.com/IBMPredictiveAnalytics/R_Essentials_Modeler/releases?cm_mc_uid=81521923745815035677663&cm_mc_sid_50200000=1503891311

ここで、該当するバージョンを落としてください。

インストールマニュアルはこちらになります。

まずは、SPSS Modeler  18.1 がインストールされていることと、Rのインストールが必要です。

Rは、3.3.3が推奨されていますので、そのバージョンのRをインストールしましょう。(ソース

注意すべきところとしては、Rのバージョン設定のところくらいでしょうか。デフォルトでは、3.3.3となっていないので注意してください。

注意すべきところは次の2点です。

●Rインストールフォルダの選択
→ C:\Program Files\R\R-3.3.3
に変更(デフォルトだとこちらです。ご確認ください。)

●拡張インストールフォルダの選択
→ C:\Program Files\IBM\SPSS\Modeler\18.1\ext\bin
SPSS Modelerをデフォルトでインストールしていれば、
そのままでOKです。

あとは、そのままでインストールが完了です。iniファイルの上書きが聞かれますが、上書きしておいて問題ないと思います。

さて、簡単に稼働確認をしましょう。

モデルのところに「拡張モデル」というのがありますので、こちらをセットしてください。

適当なデータセットを選んで、フィルターで数値の項目を2つだけ、フィルタリングしてください。

この2つの変数の分布を見てみましょう。

上段のRモデル作成シンタックスのところに、

pairs(modelerData, panel = panel.smooth)

と記述して、実行してみてください。

モデルが作成されますが、そのモデルのグラフ出力に2変数の散布図ができていれば、うまくインストールができたということになります。

その他、Rの連携テクニックは都度都度、こちらで発表していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください