デジタル・ポピュリズム


デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義 (集英社新書)

著者:福田 直子 … 

サブタイトルに「 操作される世論と民主主義」とあります。余計なお世話だと思いますが、このサブタイトルをメインにした方が、売れたんじゃないかなぁと。(Inobe.Shion)

「popularism」の画像検索結果

内容紹介

無意識のうちにクリックした「いいね!」が悪用される――。現代はもはやそんな時代だ。
嘘を混ぜたプロパガンダや個人の不安に直接訴える「マイクロ宣伝」。これら巧妙なサイバー戦略は、世論形成に使われている。近い将来行われるであろう日本の国民投票でも使われるのは時間の問題だ。欧米ですでに問題となっているデジタル・ポピュリズムの事例を細かく取材し、徹底的に書き尽くす!

■主な内容
・ビッグデータの最大の効用は「先読みすること」
・グーグル検索が「人の心のうち」を語る
・購入履歴から消費者ごとに異なる価格が設定されている
・スマートスピーカーがあなたを24時間監視している
・トランプを勝たせた、イギリスの分析会社「ケンブリッジ・アナリティカ社」の正体
・イギリスのEU離脱キャンペーンに莫大な寄付をした大富豪とは
・ネガティブ広告で投票を阻止させることができる
・68個の「いいね!」分析でユーザーのプロフィールがわかる
・面白い偽ニュースを紛れ込ませるという新ビジネス
・ロシアのウイルス対策ソフト会社「カペルスキー社」はアメリカ大統領選に関与したか
・皿洗いから大財閥にまでなったロシア人・プリゴジンとプーチンの黒い関係
・嘘の書き込みを組織的に行う“トロール・ファーム”の女性社員の一日
・フェイクニュースがつくる「ある種のムード」

■目次
まえがき
第一章 ビッグデータは監視し、予測し、差別する
第二章 「心理分析」データを使った選挙広告キャンペーン
第三章 ソーシャルメディアは敵か、味方か
第四章 ロシアのサイバー作戦が欧米のポピュリズムを扇動する
―-―ロシアから“ボット”をこめて
第五章 デジタル時代の民主主義
あとがき

■著者略歴
福田 直子(フクダ ナオコ)
ジャーナリスト。上智大学卒業後、ドイツのエアランゲン大学にて政治学・社会学を学ぶ。帰国後、新聞社、出版社にて勤務。著書に『大真面目に休む国ドイツ』『ドイツの犬はなぜ吠えない?』 (平凡社新書)、『休むために働くドイツ人、働くために休む日本人』(PHP研究所)など。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカの大統領選挙やイギリスEU離脱の国民投票では、私たちが無意識のうちに提供している多くの個人情報が選挙キャンペーンや世論形成に利用された。嘘を混ぜたプロパガンダや個人の不安に直接訴える「マイクロ宣伝」といった、巧妙なサイバー戦略は、近い将来行われるであろう日本の国民投票でも使われるのは間違いない。これらによって醸成されたポピュリズムに私たちはどう抗うのか。欧米での徹底的な取材からデジタル時代の民主主義を考える。

まず読み始める前に「ポピュリズム」の定義を確認したいと思います。Wikipediaからの出典になりますが、「ポピュリズム(英: populism)とは、一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用して、大衆の支持のもとに既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しようとする政治思想、または政治姿勢のことである。日本語では大衆主義(たいしゅうしゅぎ)や人民主義(じんみんしゅぎ)などのほか、否定的な意味を込めて衆愚政治や大衆迎合主義(たいしゅうげいごうしゅぎ)などとも訳されている。」とあります。

 

いろいろな捉え方があって、イメージにしにくいですね。そう思って、もう少し調べてみるとこちらのサイトにうまくまとめられていました。一言で言うと、「エリートではなく、民衆の意見や選好をもとに政治を行う考え方」。ただその前提としては、情報格差ではありませんが、民衆にも正しい情報が伝えられていればいいのですが、現実問題そうではないなかで、エリートが都合のよいポピュリズムをつくり上げているような例も数多見られるように感じていますが、皆さんはいかが思われるでしょうか?この著作もその問題意識で、サブタイトルの「操作される世論」というのは、そこの部分なのではと察します。

というような問題意識も持ちながら、読んでいきたいと思います。

アメリカ白人ナショナリズムの極右のリーダーは、・・・「メディアは必ずうそをつく、彼らは,“リューゲンプレッセ”(うそつきメディアだ)」と言ってはばからない。ドイツ語の「リューゲンプレッセ」という表現は、マスコミの威力を認識していたナチスの宣伝相ゲッベルスによって繰り返し使われた。(p.8)
スティーブンズ=ダヴィッドヴィッツは、「ネットは、顕微鏡や望遠鏡が自然科学を激変させたように、社会科学の手法を刷新」したという。そして現代の経済学、社会学、政治学、計量心理学の分野は、すべてビッグデータのおかげで新たな「科学」となったという。(p.26)

ちょうど先日読んだ、『誰もが嘘をついている』の話です。ソーシャルメディアに関してはこちらも詳しいとのことです。

トランプの選挙キャンペーンに加わった「ケンブリッジ・アナリティカ社」のアレクサンダー・ニックスCEOの言う「5つのユニークな個人データ」とは、心理学のサイコメトリックスで知られる「ビッグファイブ(以下、ビッグ5)」と呼ばれる心理モデルのことだ。「ビッグ5」は個人の心理を分析する5つの要素を指す。

・開放性を測る”Openness”=好奇心ややる気など
・誠実性を示す”Conscientiousness”=几帳面さや効率的かなど
・外向性を測る“Extroversion”=エネルギッシュか、外向的か
・協調性を示す“Agreeableness”=フレンドリーか、情熱的か
・情緒安定性はどうか”Neuroticism”=繊細か、不安になりやすいか

イニシャルをとってOCEANモデルあるいはビッグ5と呼ばれる手法である。(pp.58-62)

ブルッキングス件空所によると、これらの調査結果により、7つのトレンドが顕著になった。

  1. 紙媒体の新聞は恐竜が絶滅するように衰退する傾向にある。
  2. ネットニュースは事実を検証しない場合が多くニュースの質が危険にさらされる。
  3. テレビのニュースはいまでも重要視されているが、視聴率は下がっている。その証拠としてテレビのニュースキャスターが誰であるか知らない人が増えている。
  4. ラジオも重要視されているが関心は薄れてきている。
  5. ニュースはデジタル化している。
  6. ソーシャルメディアはニュース(と「偽ニュース」)をすぐ拡散する。
  7. 若年層にはニュースはコメディー番組で伝えられている。

無料の「ニュース」をネットで手軽にクリックする時代となり、状況は激変している。統計によっても異なるが、いまやアメリカ人の40%から60%以上がフェイスブックのニュースフィードでニュースを読んでいるという。(pp.106-107)

うそでも事実でも、「面白いニュース」がふんだんにネットで読めることが可能になったことで、ファクトチェックのウェブサイトは、真実に関心のある読者には欠かせない。(p.187)

偽ニュースを調べるサイトが最近注目をされているようです。

 

【アメリカ】
FactCheck.org
●PolitiFact
●OpenSecrets.org

【イギリス】
FullFact
Factmata

などがあるようです。

ネットリテラシーを身に付けないと、油断しているとどんどん洗脳されていってしまうことでしょう。

あとがきにも書かれていましたが、自動車免許のようにきちんとリテラシーを身に付ける機会を都度都度設けていくべき必要性があるだろう。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください