2050年 世界経済の未来史


2050年 世界経済の未来史: 経済、産業、技術、構造の変化を読む! 著者:真壁 昭夫
「経済、産業、技術、構造の変化を読む!」というサブタイルがつけられています。想像力を働かせて考える。それがテーマです。(Inobe.Shion)
「future history」の画像検索結果
内容紹介 2050年、私たちの生活のあり方は、 現時点で想像できる内容を超えている 2050年までには約30年あるが、5年、10年先にはドラえもん以上の、あるいはターミネーター以上のデバイスが社会に登場している可能性はある。 変化のスピードが加速し、空想の世界が現実になっていく。 本書は「米中の対立は?」「地球温暖化は?」「再生可能エネルギーは?」といった世界や日本の動向からAIやロボットなどの第4次産業革命、仮想通貨による金融業界、ネットビジネス、ビッグデータといった企業や産業など、今後30年で起きうる問題を経済を切り口に予測する。 【本書の主な内容】 プロローグ 2050年の世界をイメージする テクノロジーがもたらす社会変化 第1章 2050年 人類とロボットの共存社会 イノベーションと産業革命 空飛ぶ自動車、電気自動車の実現性 多くの病気がなくなる 店舗の消滅 銀行がなくなる日 ロボットとのコミュニケーション 第2章 第4次産業革命後の世界を占う 第4次産業革命の根幹①--スマート革命の行方 第4次産業革命の根幹②--ビッグデータ社会 第4次産業革命がもたらす社会 国家と企業が逆転する日 イノベーション国家論 第3章 2050年 地球環境クライシス 2050年の地球環境問題 2050年のエネルギー問題①~化石燃料 2050年のエネルギー問題②~天然ガス 温暖化問題に潜む国際対立 エネルギー問題に見る世界の権力構造 日本のエネルギー政策 第4章 2050年の国家論 経済で見る未来予測①世界経済 経済で見る未来予測②経済格差 経済で見る未来予測③人口動態 経済で見る未来予測④食糧問題 経済で見る未来予測⑤先進国の衰退 経済で見る未来予測⑥新興国の台頭 経済で見る未来予測⑦中東問題 第5章 現在→2050年 世界経済の長期展望 世界経済の現状認識 周期的にやってくるバブル経済 2050年までの世界経済シナリオ 世界規模での経済連携の強化 第6章 2050年 日本が経済大国であるための提言 高まる日本の財政ファイナンス依存度 今後の展開◆シナリオ1:現在の状況が続くケース 今後の展開◆シナリオ2:改革断行のケース 日本が取るべき政策 日本の高齢社会の将来像 日本発のイノベーションは生まれるか 日本と国際社会
各テーマについて、過去から現在までを整理しつつそこから未来に向かっての考察を進めていきます。 どこから読んでも良い体裁になっています。 そのまま鵜呑みにするのではなく、自分でも仮説を持ちながら読み進めていくのが良いと思います。 (気に入ったら投票をお願いします!)  

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください