ハイプ・サイクル(hype cycle)


ハイプ・サイクル(英語: hype cycle、ハイプ曲線)は、特定の技術の成熟度、採用度、社会への適用度を示す図である。ガートナー社がこの用語を造り出した。

この独特の形状をしたカーブ、非常にユニークです。メディアなどの煽り~それに気づいて沈んでいき、本物だけが生き残る、そんなカーブです。

「hype gartner」の画像検索結果

同じようなテクノロジーの進化ではこちらの「ムーアの法則」は有名ですね。

ムーアの法則(ムーアのほうそく、英: Moore’s law)とは、大規模集積回路(LSI IC)の製造・生産における長期傾向について論じた1つの指標であり、経験則に類する将来予測である。米インテル社の創業者のひとりであるゴードン・ムーアが1965年に自らの論文上に示したのが最初であり、その後、関連産業界を中心に広まった。

あとは、少し違いますが、

アラン・ケイ氏の

「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」

というのも覚えておくと良いでしょう。

(気に入ったら投票をお願いします!)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください