これで金持ちになれなければ、 一生貧乏でいるしかない。


これで金持ちになれなければ、 一生貧乏でいるしかない。: お金と時間を手に入れる6つの思考

著者:金川 顕教 … 

amazonを見ると5つ星のレビューばかりで、しかもこの書籍しかレビューしていないレビュアーが多いようです。そんな状況のため、怪しいと書かれていたりしますが、確かに高評価すぎる感は否めません。ですが、学びや気づき、得られるものはいろいろとありましたよ。(Inobe.Shion)

「money」の画像検索結果

 

内容紹介

お金持ちになりたい。
人生を何とか逆転させたい。
その気持ちを諦めずに努力を続ける人だけが、
自由な時間と経済力を得た「幸せなお金持ち」になれる。

ヤンキー高校で偏差値35の落ちこぼれから、
大学在学中に公認会計士試験合格。
入社した世界一の公認会計士事務所も
すぐに退社して独立・成功した著者による
自由な時間でお金を稼ぎながら
人間関係を楽しむ6つの思考法。

* * *

「あとがき」より

この本を読み終わったら、
この本に書いてあることを
なんでもいいから
いますぐに実践してみてください。

「今の仕事が落ちついてからやってみよう」
「休暇が取れてからやろう」
といって先延ばしにするのは厳禁です。
お金持ちになる人の最大のポイントは
「諦めないこと&行動すること」です。

いますぐに行動に起こすことができた人だけが、
本書で紹介した「幸せなお金持ち」に
なれるのです。

* * *

「目次」より
第1章 自分の現状を認識して、目標を習慣化する思考
思考を変える3つのステップ
モチベーションを上げる3つの対策法
自分がなりたい人の「コンフォートゾーン」に近づける
環境の変化とセルフトークでコンフォートゾーンは広がる

第2章 実際に動けるようになるための思考
「パクる」重要性
知識を定着させるための方法
量からしか質は生まれない、量だけは誰にも負けるな
共感しただけでは、利益も得られない

第3章 すべての行動を「時給」でとらえる思考
人生に必要な4つの時間
「お金を稼ぐ」ということの3つのパターン
時間を断捨離する
自分の時給を常に意識する

第4章 一流の人から学ぶという思考
いま行動に起こせないのは、「人間関係の質」のせい
人間関係を2種類つくる
新世界に飛び込むとブレイクスルーが起こる
セミナーより、むしろ懇親会が大事

第5章 お金ときちんと向かい合う思考
なぜ成功者はマインドセットがしっかりしているのか
お金持ちはお金の使い方にルールがある
ビジネスで稼いだお金を投資に回す
支出を気にせす収入を上げることを考える

第6章 会社の名刺に頼らないという思考
今すぐ年収2000万を稼ぐ最終ステップとは
無料から有料に流れる購買意欲を理解する
まずは惜しみなく情報を無料提供
オンライン×オフラインという最強の組み合わせ

内容(「BOOK」データベースより)

偏差値35の落ちこぼれが、なぜ大学在学中に公認会計士試験に合格できたのか?世界一の会計事務所から独立後、なぜ個人で年商10億も稼げるようになったのか?その秘密を解き明かす6つの思考。

気になったところをピックアップしていきます。

自分の現状を把握し「成功するためには何かが足りない」ということに気づいたら「何か」を埋めればいい。そのために必要なのが「自分にとっての理想やゴール」を見つけること。(p.33)
目標達成のためには、成功している人と自分の間にある差を知ること。そして、「どうしたらその人との差を埋められるのか?」を徹底的にリサーチしましょう。(p.36)
アウトプットする量は、「インプットにかけた時間の3倍」が理想的です。・・・インプットの3倍のアウトプットができないということは、まだ自分が完全にその知識をインプットできていないという証拠です。もう一度インプットを繰り返し、自分が理解できていなかったところや、分からなかったところを、今度は本や先生、自分よりも上手な人から追加で知識を得て、もう一度やってみる。それを繰り返します。(p.45)
なぜ反復して実践する必要があるのかというと、「自分に足りない部分を知るため」です。漠然と「なぜうまくいかないのか」と思うのではなく、「何が違うのか」「どうすればうまくいくのか」をより具体的に知るために、何度も繰り返し本を読んだり人から教えを乞う作業が必要になっていくのです。インプットしてから、アウトプットするまでの期間は、短ければ短いほど効果が高いです。回数も1~2回ではなく、何度も何度も繰り返す。「最低でも3倍のアウトプット」ができるようになるまで、反復してください。(pp.45-46)
モチベ―ションを上げるための4つの対策法(pp.53-56)
①やり方を変える
②自分の退路を断つ
③一度立ち止まってみる
④自分の理想の生活を体験してみる

これはなかなか参考にあります。特に④については面白いですン。たまたま先日スク―の授業でもありましたが、たとえば、自自分もこんなふうになりたいなっていうのが、「フェラーリに乗る」だったら、本当に試乗してみるっていうんです。確かにディーラーもお金あるんですかなんて下世話なことは聞かないはずですし。「リアルに体験してみる」というのは頑張るモチベーションになりますね。

人に上手に話をするワンポイント・アドバイスを。それは、「たとえば」と「なぜ」を使うこと。この二つを使えば、話が格段にうまくなります。話が得意でない人というのは、具体例がない。だから話が伝わらない。・・・具体的に説明していくだけで、聞き手の興味を引く効果があります。(p.102)
結果を出す人とそうでない人には、ある共通点があるのです。(p.108)
・貧乏な人 → 目標や夢がない
・普通の人 → やりたいことリストがある
・お金もち → やりたくないことリストがある

 なるほど。やりたくないことリストですね。ほかでもこれついては聞いたことある気がしますが、うーん、意外と難しいですね。そして、知らぬ間に「やりたくないこと」結構やってますよね。

月給ではなく時給で物事を考えてみると、無駄な時間を削ぎ落すことができます。いかに月給が高くても、働き過ぎていては意味がない。どれだけ効率的に自由な時間を増やして、時給を上げていけるかが勝負になってきます。(p.141)
お金持ちに共通する5つの特徴(pp.182-184)
①余裕がある
②コミュニケーション能力が高い
③おしゃれである
④嫉妬、痛みに慣れている
⑤お金に対して執着心がない

お金持ちになりたいというわけではないのですが、人を引き寄せられる人になりたいっと思っているなかで、この5つはそれとも共通するところだと思いました。

お金を生む3つの能力(pp.223-224)
①コピーライティング
→人間心理を深く理解して、言葉で読者の行動を変える能力
②パブリックスピーキング
→人間心理を深く理解して、話で視聴者の行動を変える
③マーケティング
→新しいお客様を集めること、および、お客様の満足度を高めて、商品をリピートしてもらう能力

これも別にお金持ちになりたいわけではありませんが、やっぱり人を引き寄せられる人になるためには鍛えておきたい能力だと思いました。

頑張った方なので、その頑張りの中からいろいろと得たものを惜しみなく出されているように感じました。ただ確かに、全体の構成も雑然としていますし、文章も上手かと言われればそうでないかもしれません。しかし素朴で良かったです。読み手が学ぼうという姿勢で読めば、学べるところは多いものです。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.