他人と過去は変えられないが、、、


「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」

こんな言葉を聞きました。調べてみると、カナダの心理学者エリック・バーンの言葉だそうです。

この言葉の言いたいことは、主体的に変えられるのは自分であり、自分を変えることで未来も良い未来にすることができるということを言いたいがゆえに、その枕詞として、また「変えられる自分」と対比させるがために、過去と他人というものを象徴的に掲げたのだろう。

実際は、他人は「私」(自分)の行動によって変えられる可能性についてですが、これはゼロではありません。自分と接することで刺激を与えたり、あるいは教育をしたり、この「他人の行動」には影響力を与えることができると思います。

そしてもうひとつの「過去」は変えられるかについては、物理的な意味では難しいと思いますが、それ以外のところでは、結構変えられると思います。といいますのも、例えば、「失敗した」と思っていた行為が、それが回り回って最終的に成功に導けたり、エジソンではないですが、失敗を学習することで成功に近づいていると考えると、過去の意味は変えられると考えます。その過去をどう捉えるかは「あなた次第です」というところでしょうか。

でも含蓄のある言葉なので、引き出しの中には入れておきたいです。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください