人に何かを伝えるとき

このブログもかなりのコンテンツを書き溜めてきました。よく見られているページをお知らせるすると、下記のページが人気がありよく見られています。

「communication」の画像検索結果

●トヨタのPDCA+F 世界No.1企業だけがやっている究極のサイクルの回し方 

●「OGSM」って知ってますか? 

どちらもフレームワークに関するもので、最近聞いたセミナーの話もあわせて、「人に何かを伝えるとき」に関して少し話したいと思います。

Continue reading “人に何かを伝えるとき” »

17の持続可能な開発目標(SDGs)

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。SDGs(エス・ディー・ジーズ)と読みます。

画像検索結果

2015年9月、全国連加盟国(193国)は、より良き将来を実現するために今後15年かけて極度の貧困、不平等・不正義をなくし、私たちの地球を守るための計画「アジェンダ2030」を採択しました。この計画が「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」です。SDGsは、ミレニアム開発目標で十分に手を打てなかった課題に加え、Rio+20で議論された深刻化する環境課題など17の目標と169のターゲットに全世界が取り組むことによって『誰も取り残されない』世界を実現しようという壮大なチャレンジです。

17の目標とは・・・

Continue reading “17の持続可能な開発目標(SDGs)” »

最近よく見る略称たち・・・

最近よく見る略称たち・・・・
「あっ、うーん、思い出せない。何だっけ?」・・・というやつです。まさに、備忘録です。

ESG:環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもの。企業の価値を測る尺度としては、業績や財務の情報などが主流になっていますが、それだけでは企業経営の持続可能性を判断するには不十分。そこで、環境・社会・ガバナンスといった非財務情報を企業評価に取り入れようとする動きが急速に拡大してきています。

MICE:企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称。

Continue reading “最近よく見る略称たち・・・” »

【名言MIX】 時間をつくれ!息を吹き返したその時間は何物にも替えがたいギフトである。

landscape tree nature horizon cloud sky night star milky way dawn atmosphere evening space darkness galaxy outer space science astronomy earth universe midnight phenomenon astronomical object meteorological phenomenon atmosphere of earth computer wallpaper

今日の名言MIXは、

時間をつくれ!息を吹き返したその時間は何物にも替えがたいギフトである。(Inobe.Shion)

この名言は、下の2つの名言をミックスして考えてみました。

Continue reading “【名言MIX】 時間をつくれ!息を吹き返したその時間は何物にも替えがたいギフトである。” »

まんがでわかるデザイン思考

まんがでわかるデザイン思考

著者:小田 ビンチ、坂元 勲 … 

デザイン思考について、あるカフェの不振店から繁盛店へのイノベーションのプロセスをデザイン思考で成し遂げるストーリーをマンガを読みながらトレースできる作品です。非常に分かりやすいですし、無茶な展開もなく、思わず入れてしまうツッコミもそれほどなく本文に集中できました。(Inobe,Shion)

「design thinking」の画像検索結果

内容紹介
誰でもできるイノベーションの起こし方「人間」に注目し、今までにない画期的なアイデアやイノベーションを生み出す「デザイン思考」。アメリカのデザインコンサルティング会社・IDEO社が提唱し、今では世界中の企業で導入されています。
本書では、潜在的ニーズを見つける「着想」、アイデアを創造・構築・検証する「発案」、市場に導入する「実現」の3つのプロセスを、わかりやすくシミュレーションコミック化しました。
カフェチェーン最悪の赤字店の店長を命じられた3年目社員・三島雄介が、デザイン思考に精通する大手企業会長・大西の教えを受けながら、店のイノベーション、立て直しに挑戦するストーリー。作中に登場する数々のノウハウや活用法、各章の解説記事を通じて、初心者にもデザイン思考が理解できる内容・構成になっています。

【編集担当からのおすすめ情報】
まんがの中の具体的な事例を通じてデザイン思考を学べる本です。
以下は、本書監修者の田村大氏からいただいた、あとがきの一部です。

『では、どうデザイン思考を用いてイノベーションを起こしていくのか。「これを具体的に踏み込んで解説するような書籍を紹介してほしい」――これは、監修者にしばしば寄せられる質問だ。意外なことに、この問いに真正面から応えるようなものが、これまで存在していなかったように思う(特に日本では)。そういう意味で、本書はそんな実務家たちのかねてからのニーズに応える、重要な役割を担うことになるだろう。「デザイン思考という概念はわかった。次は、それを自分たちのビジネスに活かしていきたい」という、意欲ある方々に、まずは本書を手に取っていただくことを願っている』

内容(「BOOK」データベースより)
カフェチェーン最悪の赤字店の店長を命じられた3年目社員・三島雄介。デザイン思考に精通する老人の教えを受け、店のイノベーションに立ち向かう。デザイン思考の3つのプロセス「着想」「発案」「実現」を具体的なノウハウ満載で、シミュレーションコミック化!

Continue reading “まんがでわかるデザイン思考” »