ネーミング発想・商標出願 かんたん教科書


ネーミング発想・商標出願 かんたん教科書

著者:松野 泰明…

いろいろなアイデア商品とそのキャッチ―な忘れないネーミング、ネーミングと商品との連携など、なるほどと思わせるノウハウが書かれています。どうしてもダジャレ風になってしまうところは定番なんでしょうけど。あとは出願についてです。ここが私が知りたかったところ。あらためてこれについてはチェックしておきたいと思います。(Inobe.Shion)

「name」の画像検索結果

 内容紹介ネーミングを契機に大ヒットした商品や大衆発明家のユニークな商品を紹介しつつ、ネーミングの基本や発想法を各種伝授。初心者でもできる商標出願書類の書き方も詳しく解説。

内容(「BOOK」データベースより)
ようこそ!発明アイデア・ネーミングの世界へ。本書はネーミングの成功例やネーミング創作法を余すところなく紹介。面白い商品名のおかげで大ヒットした企業のネーミング成功例は、ビジネスパーソンには大変参考になるはずです。また、大衆発明家や発明女子と呼ばれる方々が名づけた、一度聞いたら忘れられない楽しいネーミングも数多く紹介しています。さらに、まったくの初心者の方でも発明・商標の楽しさや出願方法がわかるよう、考え方や手続きについて、順をおって丁寧に説明。商標出願書類が、一人で、しかも短時間に作れるようになります!

私も将来書きたいと思っている本があったり、起業したいなどと思ったりしているなかで、そのテーマ=本の名前でもあり、会社の名前の一部でもあり、なんて考えておりまして、それで商標を押さえておこうか・・・・などと考えたのですが、出願はできるんですが、やはり数万円が必要などということで、挫折。

でもやり方自体についてもネットであったり、郵送であったりいくつかあるようなのですが、この本を見ると、詳しく書かれていました。

もう少し具体化したら、やっぱり取りたいなぁって思っています。それまでに取られないことを祈ってます。(笑)

取られたら取られたでその時はその時ですね。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください