10-10-10 人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!


10-10-10 人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!

著者:スージー・ウェルチ

なんと、著者のウェルチさんですが、ジャック・ウェルチの奥さんでした。10分後、10か月後、10年後、、短期・中期・長期、この思考法、たいへん興味深いです。新しい何かを得られそうな予感です。(Inobe.Shion)

「10-10-10」の画像検索結果

内容紹介
■全米ベストセラー!
仕事、夢、結婚、家族、友情。
人生に迷ったとき、「決める力」が身につく本。

紙とペンさえあれば、10-10-10は今、この瞬間から試せます。
もしも、この選択をしたら……

□「10分後(今)はどうなっている?」
□「10ヶ月後(ちょっと先)は?」
□「10年後(未来)は?」
・・・こう自問するだけでOKなのです!

短期、中期、長期と、3つの視点で選択肢を見つめれば、後悔しない決断ができます。
この本があればぐずぐず迷うクセ、優柔不断、チャンスを逃すパターンが変わります。

■実話に基づく、10-10-10エピソード満載!
●もう、うんざりの職場。辞めてしまえば10分後はスッキリ。でも、10ヶ月後に後悔しない?10年後、お金は大丈夫? その選択が正しかったと、本当に言える?10-10-10で考えよう。
●大事な取引先とのアポ当日、田舎の親が病気に!どう決断をすべきか、10-10-10で考えよう。たった3分集中するだけで、正解が見えてくる。
●結婚の見込みがなさそうな彼と、続ける? 別れる? 別れたとき、続けたときのメリット&デメリットは、10-10-10が教えてくれる。

■経営の神様、ジャック・ウェルチの公私にわたるパートナーの人生とは?
著者スージー・ウェルチは、ジャーナリストであり、四人の子供の母であり、40代で経営の神様、ジャック・ウェルチと運命を変える出会いをした魅力あふれる女性。
アメリカでは、女性としての幸せを模索するアラフォーたち、働く女性、ワーキングマザーの共感の声、続々!
10-10-10は発売まもなく『ニューヨーク・タイムズ』『ウォール・ストリート・ジャーナル』のベストセラーリストにランクインし、テレビ番組でも特集が組まれるなど、大反響を巻き起こした。

優柔不断で決められないあなた。
たくさんのものを、抱えすぎているあなた。
人生を立て直すには、これまでと違うやり方で、決断しなくてはいけません。
心の奥底の価値観にしたがって、選択しなくてはいけません。

内容(「BOOK」データベースより)
ジャーナリスト、4人の子供の母、ジャック・ウェルチの公私にわたるパートナー。すべてを手に入れた著者が、本当にほしいものを手に入れる「秘密のツール」を公開。

10-10-10とは、次のようなもののようです。

どうやらわら氏が思いついたのは、ある種の強化された思考プロセス、ものごとを体系的にとらえる手順のようだった。自分の人生を立て直すには、「これまでとは違う方法で決断しなくてはいけない」と気づいたのだ。つまり、今すぐに出る結果、近い将来に出る結果、遠い将来に出る結果をじっくり考え抜くことによって、先を見通すことができるのではないかと。

10分後にどうなるか、10カ月後にどうなるか、10年後にどうなるか。

それを実行すれば、自分なりの「人生管理ツール」を手にすることがになるのではないかと私は考えたのだ。(p.20)

このあとは、この「10-10-10」の使い方についていろいろと書かれていますが、上に書いた部分に尽きます。

サブタイトルにもありますが、「人生に迷ったら3つのスパンで決めなさい!」ということです。

(気に入ったら投票をお願いします!)

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください